ウォーターホースとジャイロ

9月10日(金)
2010_09100002.JPG 仲間のショップから頼まれて、ウォーターラインのバイパスホースを作って欲しいと頼まれて、アルミパイプで簡単なバイパスホースを作りました。
ご近所さんなので、ジャイロキャノピー・カスタムのテスト走行を兼ねてお届けにあがりました。
 
ジャイロはかなりハンドリングが改善したものの、まだ合格点ではないなぁと思いながら走っていると、到着間際に何だかスピードが出なくなってきました。
目的地に到着後にチェックしてみると、異臭と共に左後輪が異常過熱していました。致命的ダメージを与えないために積載車で回収。まだ原因解明作業に手をつけていませんが、これもハンドリング悪化の原因のひとつだったかも知れません。
時間ができたら解明してみます。
 
posted by エアーズ at 22:11 | 作業日誌

作業延期

9月9日(木)
2010_09070002.JPG クラッチ交換で入庫中のフォレスターですが、入荷待ちの部品は入ってきたものの、作業は延期になりました。
クラッチ交換と同時にミッションのオーバーホールをすることになったからです。
そのミッションの部品が欠品中で、入荷は今月いっぱいかかりそうだと言うことで、しばし作業は延期です。
延期とはいえ、その分作業を追加していただけるのはありがたいことです。
 
posted by エアーズ at 22:11 | 作業日誌

ジャイロ・キャノピー

9月8日(水)
2010_09080002.JPG エアーズカスタムのジャイロ・キャノピーですが、ホイールベースを伸ばしたことでハンドリングに影響が出ていました。
先日の作業日誌で解決したと書いていたのですが、長距離ドライブをしたところ、まだまだ合格レベルでないことが判明しました。
今日は1日、その修正作業です。ホイールベースを伸ばすとこんなにも色んな事が起こるとは想像もしませんでしたが、対策を考えるのは楽しいものです。
 
今日の作業で更に改善したものの、まだ合格点には達してないかも?
またロングドライブテストしてきます!
 
posted by エアーズ at 22:17 | 作業日誌

エキマニ作り

9月7日(火)
2010_09070003.JPG 今日は1日、サンバーのエキマニ作りです。
先週からずっと作っているのですが、まだまだ完成に至りません。工数がとっても多いので時間がかかるのです。
明日入荷予定の部品がくれば、すぐに形になるでしょう。
一通り形になってからチェックをして、運が良ければそのまま完成ですが、通常の場合製造過程で出来た歪を修正するのにちょっと時間がかかります。
今週中には完成させたいですね。
 
 
posted by エアーズ at 21:55 | 作業日誌

フォレスター入庫

9月6日(月)
 フォレスターがクラッチ交換で入庫しました。
パーツ持込の作業なのですが、パイロットベアリングが不足しています。
ほんの数百円の部品待ちで本作業は明後日の予定です。
 
posted by エアーズ at 21:38 | 作業日誌

エキマニの製作工程

9月4日(土)
2010_09040005.JPG サンバーのエキマニ製作の途中写真です。
細かいピースを仮組みして複雑なレイアウト決めていきます。
散々微調整してバッチリ仮組みしても、本溶接していくと相当歪んでしまいます。その歪んでしまったパイプを修正しながら更に組上げて、最終的にストレスのかかっていない製品に仕上げることが難しいのです。
でもそこが耐クラックの要なのです。
 
 
 
posted by エアーズ at 22:46 | 作業日誌

ルノー・スポルト退院

8月3日(金)
2010_09030003.JPG 1週間入院していたルノーが今日退院しました。
作業内容はパワーステアリング・ホース交換とドライブシャフト・ブーツ交換です。
 
作業内容の割りに随分長く時間がかかったのは、写真のドライブシャフト・ブーツを国産の物で代用しようと探していたからです。
もっと探せばきっとピッタリ合うものがあるのでしょうが、今回は良い物が見つかりませんでした。
 
2010_09030004.JPGそこで純正ブーツをカットしてスペーサーとして使うことにしました。
 
 
 
 
 
2010_09030005.JPGそしてカットした物をドライブシャフトにはめ込みます。
 
 
 
 
 
2010_09030006.JPGその上から国産の一回り大きいブーツをかぶせて出来上がり。バッチリできました。最初からこうすればよかった・・・。
 
 パワステホースも国産のホースを溶接・ジョイントして改造、ブーツも改造です。今回は下請け仕事で、なぜこんなことをするのかと思っていたら、純正では信じられないほど部品が高いそうです。
実際に確認したわけではないのですが、面倒な加工をしても、純正交換よりはるかに安くあがるそうです。
posted by エアーズ at 22:29 | 作業日誌

ステンレス材料のカット

9月2日(木)
2010_09020001.JPG サンバー用エキマニ製作のためにステンレスのパイプやエルボをカットします。写真は使用するパーツのほんの一部に過ぎませんが、材料を切り出すだけでも大変な時間がかかるのです。
 
 
 
2010_09020002.JPGそして切り出した材料を溶接して、まずは要となる集合部を作ります。写真はまだまだ途中経過ですが、このあと42.7のパイプを溶接して差し込み部分の加工をして、ようやく集合部が完成します。
そこからいよいよレイアウトが始まリます。
 
 
 
 
posted by エアーズ at 21:56 | 作業日誌

ルノーのパワステホース

9月1日(水)
2010_09010011.JPG ルノーのパワステホースの修理です。
純正交換でもいいのですが、コストがかかるので悪い部分だけ切り取り、国産品を溶接して修理します。
 
 修理はともかくこのルノー、写真のようにリアにエンジンが所狭しと載っています。こんな非実用的なスポーツカーを作る余裕が日本にも欲しいですね。
 
 
 
posted by エアーズ at 21:55 | 作業日誌

R31スカイラインのマフラー

8月30日(月)
 R31スカイラインのマフラーの太鼓部分の改造をしました。
アフターパーツのストレートマフラーの太鼓部分を切り取って、小さなものに改造したのですが、写真を取り損ねてしまったので話が膨らみません。ごめんなさい。
 
その後タービン出口のボルトを外す作業をしたのですが、古い車なので5本のうち2本折れてしまいました。
かなり慎重にやったのですが、それでも駄目でした。折れたボルトを取り除く作業はまた後日です。
 
posted by エアーズ at 01:30 | 作業日誌

チェイサー

8月29日(日)
 週末は富士スピードウエイにレースの応援に来ていました。
2台エントリーにそのチームは、2台とも表彰台獲得でとても良いレースを見せてくれました。
 
 そのレースはお昼過ぎに終了したのですが、同じく富士スピードウエイのドリフトコースに先日ステアリングギアボックスを修理したチェイサーが走行会に来ていたお話です。
 
午前中に「インタークーラーのパイプに穴が開いた」と言う連絡。レース直前のため対応できませんでしたが、なんとか自分達で直して走行した模様。
 
レースの片付が終わったころ、今度は「エンジンオイルが漏れる」と言うので、ドリフトコースに行ってみました。
 
車両をチェックしてみると、何らかの原因でエンジンが左右に50mmミリ以上動いていて、フレームとオイルエレメントがぶつかって、エレメントからオイルが漏れていました。インタークーラーのパイプ破損もエンジンの振れが原因でした。ラジエタもトラブっていたので、応急処置をして自走でエアーズに帰還です。
 
いろいろ痛んできているので、一度しっかり直すことになりました。
 
posted by エアーズ at 23:51 | 作業日誌

ルノー

8月27日(金)
2010_08260007.JPG ルノー・スポルトって言うのかな?ミッドシップのカッコいい車が入ってきました。
2人乗りでリアガラスの部分にはエンジンが載っているので、何も積めません。なかなかいかす車で、欲しくなっちゃいます。
 
今回はドライブシャフトブーツ交換と、パワステホースの修理です。
パワステホースは純正を交換すると、部品代もさることながら手間も相当かかるのです。フロントからリアまで1本もののホースなので、かなり沢山の部品をはずさなければなりません。
 
なので途中にジョイントを作って、もれている部分は国産車の物を使って新たに作ります。
方針は決まっていますが、もっとスマートにできないかと考察中です。
 
 週末は富士スピードウエイに行くので、工場はお休みです。
 
posted by エアーズ at 23:57 | 作業日誌

ステアリング・ギアボックス

8月26日(木)
2010_08260006.JPG 昨日、富士スピードウエイから引き上げてきた2台のうちの1台、チェイサーのトラブルは、ステアリング・ギアボックス取り付けボルトが折れたというものです。
ギアボックス自体が自由に動いてしまうので、ハンドルが全く効きません。
 
折れて中に残ってしまったボルトの破片を2本取り出して、新しいボルトを入れて完成です。それほど大変な作業ではありません。
 
 その後、インジェクター交換のCIMAの作業を完了させました。
無事に仕上がり、今度こそ全快で退院です。
 
 
posted by エアーズ at 01:00 | 作業日誌

積載車、大活躍!

8月25日(水)
2010_08250002.JPG 車検代行、2台通してきました。
タイミングよく時期が合ったので、効率的にできて助かります。
 
相模陸事の3ラウンドを通し、工場に帰ってタイヤの組替が1セット半。
そして夕方から富士スピードウエイに向けて出発。
 
 
2010_08250005.JPG 富士スピードウエイは走行に行くのではなくて、走行会で動けなくなった車両の引取です。こちらも2台で効率よく作業ができました。
 
 工場到着後、もうひと仕事こなして、車検の車を1台納車して今日の仕事が終わりました。
忙しかったけど、効率的な1日でした。
 
 
posted by エアーズ at 00:41 | 作業日誌

CIMA出戻り

8月24日(火)
 先日タイミングチェーン交換をしたCIMAが戻ってきました。
あれからエンジンの調子がまた悪くなったと言うのです。でも作業の不備があったわけではなく、今回はVK45エンジンの左バンクの空燃比が濃いと言うエラーメッセージが出ています。異常に燃費が悪いと言うことなので、インジェクターが閉じていないのかも?ということでばらしてみました。
 
2010_08240005.JPG
沢山の部品を外してやっとの思いで外したインジェクターがこの写真です。
エアガンで圧をかけてみると、5番と7番のインジェクターからガソリンがにじみ出てきます。
VK45は直噴エンジンなので、燃圧はかなりの高圧になります。手で押えて圧をかけたぐらいでガソリンがにじむようなら、相当もれていたはずです。
部品を注文して、到着を待って組上げです。
 
今度こそ完全復活できるかな?
 
posted by エアーズ at 00:21 | 作業日誌

GOLFのパワーウインドウ

8月23日(月)
 車検で入庫のGOLFの運転席側のパワーウインドウが動かなくなっていました。
原因を探るべくモーターとレギュレーターを外そうとしたのですが、窓が下がらないと窓が外せません。
窓が外れないとユニットが取り出せなくて、困り果ててしまいました。
1日いろいろトライしたのですが外れなくて、ワイヤーを切るしかないかとあきらめかけたころ突然モーターが動き始めました。その後は症状も出ずに動いているので、何かが引っかかっていたのかという感じです。
とりあえず車検を通してから、また考えます。
 
posted by エアーズ at 00:00 | 作業日誌

GOLFのパワーウインドウ

8月23日(月)
 車検で入庫のGOLFの運転席側のパワーウインドウが動かなくなっていました。
原因を探るべくモーターとレギュレーターを外そうとしたのですが、窓が下がらないと窓が外せません。
窓が外れないとユニットが取り出せなくて、困り果ててしまいました。
1日いろいろトライしたのですが外れなくて、ワイヤーを切るしかないかとあきらめかけたころ突然モーターが動き始めました。その後は症状も出ずに動いているので、何かが引っかかっていたのかという感じです。
とりあえず車検を通してから、また考えます。
 
posted by エアーズ at 00:00 | 作業日誌

フライス加工

8月22日(日)
2010_08220001.JPG ステンレスをフライスで削っています。サンバー等長エキマニのメインフランジです。
旧型では無かった加工ですが、フライスを手に入れたのでTP-02から追加している加工です。これをすることでクラックが入る可能性が下がるので、手間がかかるのですが追加しています。
もちろんフライスはNCではないので、自分で少しずつ削っていくのですよ。
 
 
そしてこうなります。
2010_08220002.JPG
 
 
 

 
 
 
posted by エアーズ at 23:04 | 作業日誌

セドリックのスロットル

8月21日(土)
2010_08210002.JPG セドリックのスロットルチャンバーです。
ディーラーでコンピュータ診断してもらったお客さんが作業依頼をしてくれました。ただ、部品交換後にディーラーでコンピュータを繋いで設定をしなくてはいけないようなので、今回は部品販売のみです。
 
 
 
 
 
posted by エアーズ at 23:42 | 作業日誌

インプレッサのミッション

8月20日(金)
2010_08200002.JPG ミッションの部品待ちだったインプレッサですが、早々に部品が入ったのでクラッチも交換して早速ミッションの積み込みに入りました。
写真はエンジンクレーンで組みあがったミッションをリフト下の作業台に載せるところ。
ここからリフトを下げて車両に搭載していくのです。作業的には難しいところはないのですが、エンジン後部を少し下に向けないとミッションがボディーに当って角度がついてしまい、メンドラをクラッチに差し込むところで苦労します。エンジンマウントがしっかりしている車両だと特に大変なのでしょう。 
ミッションを載せたところで来客あり。作業は明日に先送りになりました。
 
 その来客ですが、FRP達人の謎の外国人です。本当は謎ではないのですが、カスタム好きのFRP職人で、ジャイロキャノピー・カスタムの量産のためにFRP職人を探していたので、まさに「渡りに船」でした。
話が弾んで話し込んでしまったので、ミッション載せ作業が押してしまったのでした。 
posted by エアーズ at 00:24 | 作業日誌