ジャイロキャノピーのエンジン

11月28日(月)
2011_11280002.JPG ジャイロキャノピーのエンジン大型化作業に時間が取れたので、今日はエンジンをつなぐ際にあたる部分を削ってみました。
写真左が125ccのクランクケース、右がジャイロキャノピーのクランクケース兼クラッチケースです。
どちらも穴だらけになってしまいました。
125ccの方は問題ないのですが、ジャイロキャノピーの方は剛性が求められる部品なので、これだけ穴が開くと心配です。もちろん板でふさいで補強はするのですが、どうなることやら?
やっぱりそう簡単にはいかないようです。

posted by エアーズ at 23:55 | 作業日誌

事故車

11月27日(日)
2011_11270002.JPG エアーズのお客さんが事故で横から突っ込まれて、走れなくなったMR-Sが入庫してきました。
右前を横から当っていて、サスペンションが曲がっています。
夜の入庫だったので、詳しく見るのは明日です。フレームまでいってなければ良いのですが。





posted by エアーズ at 23:45 | 作業日誌

ルーティン作業

11月25日(金)
 今日からまたプラスチックケースの加工や金属ケースの塗装などルーティンの仕事が入ってきました。
ジャイロキャノピー・カスタムの排気量アップをのんびり検討するのもお預けになってしまいました。こちらは時間を見つけてちょっとずつ進めていきます。
まずは納期のある仕事からこなしていきます!
posted by エアーズ at 00:15 | 作業日誌

スーパーカブ

11月24日(木)
2011_11240002.JPG ホンダ・スーパーカブが入ってきました。
修理ではないです。エアーズの仲間でたまたま原付を探している人と、このカブを手放す人が同時期に現れて、その仲介点検で入ってきたのです。
事前情報で予想していたよりはるかに綺麗で調子も良いので、爆音マフラーを交換するぐらいしかやることは無いようです。

ここ数日、なんだかバイク屋さんみたいですね。

posted by エアーズ at 23:09 | 作業日誌

昨日に続いてジャイロキャノピー・カスタム

11月23日(水)
 ジャイロキャノピー・カスタムに125ccエンジンを搭載するべく、昨日に引き続き今日も加工の検討をしていました。
ジャイロキャノピーのエンジンと中国バイクの125ccエンジンを並べて、あれこれとひたすら眺めてみました。
他人が見るとボーっとサボっているように見えますが、新しく工作をする時はこうしてアイデアを頭の中でまとめていくのです。
そんな観察の結果、もしかしたら意外に簡単かも?っていう可能性が見えてきました。
さて、どうなることか?次はエンジンを切ってみて合わせてみないと。

明日少しも時間が取れるかな?
posted by エアーズ at 22:45 | 作業日誌

ジャイロキャノピー スピードアップ計画

11月22日(火)
2011_11220001.JPG 今日は時間が取れたのでエアーズのジャイロキャノピー・カスタムのスピードアップ計画の考察をしました。
何とか80km/h巡航できるようにしたいと思い、テスト用に中国製の4スト125ccエンジンを用意しました。
これをジャイロキャノピー・カスタムに載せてトライク登録をしてみよう!という計画です。

エンジンを切ったりサブフレームを作ったりしなければいけないので、簡単な事ではなさそうです。ホイールベースが更に伸びてしまうのもデザイン的にマイナス点で、なかなか難しい・・・。

この作業に専念ばかりしていられないので時間はかかりそうですが、結果を乞うご期待!
posted by エアーズ at 00:15 | 作業日誌

またまた塗装

11月21日(月)
2011_11210005.JPG スカイラインのボンネットに続いてシビックのドアの塗装です。
今回はメタリックではないので問題なく普通に塗れました。
でもまだまだ車の大きな面を塗るのは塗装屋さんのレベルではなく、ザラザラはないものの肌のキメの細かさは粗いのです。

繰り返しになりますが、塗装は奥が深い。





posted by エアーズ at 22:32 | 作業日誌

ボンネット取付

11月19日(土)
 昨日塗装したスカイラインのボンネット。
一晩乾かして研磨後、車両に装着しました。装着にあたり問題がひとつ。フックがキャッチに届きません。
約10mm足りなくて、車両側の改造でキャッチを上げて対応しました。
その後ボンピンも付けて装着完了。綺麗にピッタリ付いて良い感じです。

写真も撮ったのですがカメラを忘れて来てしまいました・・・。
posted by エアーズ at 22:42 | 作業日誌

Jeepの完成間近!

11月18日(金)
2011_11180001.JPG 本当に待ちに待ったJeepのパワステギアボックスが入荷しました。新品ではなくリマニファクチャー品(日本で言うリビルト品)です。
早速装着ですが、ついでにシビックのシフトリンケージブーツを流用したステアリングシャフトのブーツの取り付けを改良します。
はめ込んでOKにしていたのですが力が加わると外れるので、旋盤でアダプターを削り出してタイラップでしっかり固定できるようにしました。

明日各部のオイルや水漏れをチェック後に走行してみて、やっと完了です。
随分長い入院でしたが、無事退院できそうです!
posted by エアーズ at 00:43 | 作業日誌

ボンネット塗装

11月17日(木)
 先週上手くいかなくてやり直しになったボンネットの塗装、今日1日じっくり時間をかけて塗ってみました。
慎重に作業したのではぼ上手くいったのですが、慎重にやりすぎてクリアーの肌がイマイチ気に入りません。
乾燥後に磨いてみて、OKにするかクリアーだけもう一度吹くか決めます。
塗装は奥が深い。
posted by エアーズ at 22:38 | 作業日誌

ラジエタデー

11月16日(水)
2011_11160003.JPG 先日車検で入庫した時に水周りがサビサビだったワゴンRが、オーバーヒートで再入庫です。
サーモスタットだろうと言うことで外してお湯に入れてみると、ほとんど開きません。
写真はピンボケですが左が新品で右が付いていたものです。同じお湯から出したのですが、よく見ると右は全然開いていません。
ということで新品サーモスタットを入れてラジエタのエア抜きをしてみると、電動ファンが回リはじめても全然止まりません。そのうちオーバーヒートしそうになってしまいました。
ラジエタが機能していないので、ラジエタを外して水道水で徹底的に清掃してみました。
車検時にかなり清掃したにもかかわらず、水の通りは悪くてかなりサビた水が出てきます。

掃除したラジエタをつけて再度エア抜き。今度は正常に動いて一件落着です。

2011_11160006.JPG その後昨日の続きのJeepのラジエタと格闘です。
バーナーで上手くいかなかったので、100wのハンダごてを用意してトライです。
ピンポイントで溶かしていけるので作業は順調です。
しっかり暖めてハンダを多めに流し込み、水漏れが無いことを確認してから車両に装着です。

写真は下からラジエタを撮ったものです。右側の銀色のところがハンダで水漏れを直したところ、左端の部分がオイル漏れを直したところです。
どちらも漏れが止まったことが確認できました。

今日は順調に事が進んで、気分の良い日でした。
posted by エアーズ at 21:02 | 作業日誌

水漏れ修理

11月15日(火)
2011_11150008.JPG スカイラインの車検を通しに行ってきてから、昨日発覚したJeepの水漏れの確認をしました。
写真がラジエタの下側です。左がオイル漏れを直したニップルが付いているATFの入口で、右のニップルがついていないのが水漏れの場所です。
真鍮ラジエタなのでオイルクーラーとラジエタをハンダでつけています。

水漏れ箇所をハンダで埋めてやれば良さそうなのですが、どうも思う場所にハンダが流れて行きません。
明日もう一度じっくり考察してやってみます。

posted by エアーズ at 23:46 | 作業日誌

一難去ってまた一難

11月14日(月)
 パワステのオイル漏れで随分長い間部品待ちで入庫中のJeepですが、調整作業でエンジンをかけていると何やらまたオイル漏れが。
パワステオイルとは別の位置で、調べてみるとオートマオイルです。
ラジエタ下部にATFを取り込んでATFクーラーにしているのですが、その取入れ口のニップルから漏れています。
外してみると1/8のテーパーネジが折れていました。ホームセンターで手に入るパーツで代用できるので、作業は無事終了です。

と思いきや、その反対のATF取り込み口からクーラントが漏れ出てきました
前からにじんではいたものの垂れるほどではなかったのですが、そこから下に垂れるほどの漏れになってしまっています。
ラジエタを外してチェックしてみないとはっきりしませんが、かなり修理は難しそうです。
まさに一難去ってまた一難・・・。
posted by エアーズ at 00:28 | 作業日誌

アルミ溶接

11月12日(土)
2011_11120003.JPG ドリフト仕様のクレスタのインテークパイプを加工しました。
写真は加工後のもので、中央がアルミ溶接した部分です。ここをカットして90度まわして溶接したのです。
写真右側の茶色い部分がエキマニで、そのすぐそばをゴムホースが通るレイアウトになっていたので、その対策加工です。
意外に簡単な作業でした。



posted by エアーズ at 00:55 | 作業日誌

間もなく完成

11月11日(金)
2011_11110002.JPG いろんな作業の合間をぬって進めていたTP−02製作ですが、今日主な作業が終わりました。
後は磨きだけなので、明日には完成するでしょう。

おかげさまでこの1本も在庫にはならず、在庫確保のためにまたすぐ製作を開始します。



posted by エアーズ at 23:57 | 作業日誌

メタリック塗装

11月10日(木)
 普段の塗装作業は半艶の箱物が多く、たまにジャイロキャノピー・カスタムのカウルを塗るぐらいです。
でも今日はスカイラインのボンネットをメタリックで塗装しました。
広い面積のメタリック塗装がこんなに難しいとは・・・。メタリックむらが出てしまったので、やり直しです。
これもいい勉強です。

posted by エアーズ at 23:56 | 作業日誌

BMW車高調

11月9日(水)
2011_11090003.JPG 先日みんなでサーキット走行したBMW318isに車高調をつけることになりました。
グレード違いの車両用を中古で見つけてきたようです。
取り付けてみるとやっぱりピッタリとはフィットせず、リアのスプリングが長くてかなりプリロードがかかってしまいます。
そのせいで車高も15mmほどしか落ちません。一度走ってみて、もっと車高を落としたいようなら車高調整機能を取ってしまい、スプリングシートを工夫して落とすことにします。

ノーマルでサーキット走行を楽しんでいたのが、段々マシンチューンがエスカレートしていきますね。
posted by エアーズ at 01:04 | 作業日誌

フランジ加工

11月8日(火)
2011_11080004.JPG TP−02のメインフランジは外注でレーザーカットしてもらうのですが、小さいフランジは自社加工です。
写真左側のような10mmのステンレス板から切り出して穴を開け、形を整えていきます。

10mmの板に大きな穴を開けるのは結構手間です。
ホールソーでも開けられるのですが、高いホールソーでもすぐに歯がめげてしまうので不経済です。だから旋盤で削っているのですが、これも結構時間がかかています。
また道具を仕入れてフライスで開けられるようにしたいなぁって思っています。

posted by エアーズ at 23:57 | 作業日誌

マウント交換

11月6日(日)
 クレスタのエンジンマウント、ミッションマウントの交換。
以前事故で廃車になったチェイサーの車両入れ替え車です。チェイサーのときは難なく出来たのですが、クレスタはマウントを緩めるだけでは外れなくて、メンバーを緩めて下げないと抜けませんでした。
同じような車でも、微妙に違う物でですね。
posted by エアーズ at 23:52 | 作業日誌

ランチャ作業終了

11月5日(土)
2011_11050003.JPG ランチャの部品が入ってきました。
パワステのリザーブタンクとポンプを繋ぐホースなのですが、こんなゴムホースがかなりの値段がします。
ゴムホースなのですが、外したものはプラスチックホースになってしまっていました。外車のゴム系はこんな感じです。

それにしてもこのランチャデルタは作業性の悪さは天下一品です。何をするにも工具が素直に入りません。
多分専門店はかなりの数の専用加工した工具を持っているのでしょう。
部品のライフや価格、作業性などなど、マニアックなマシンのオーナーはマシンのケアが相当大変です。
posted by エアーズ at 23:04 | 作業日誌