タイミングベルト交換

2月11日(土)
IMG_20170210_115028.jpg
 DUCATIのタイミングベルト交換をしました。
自動車のタイミングベルト交換と違い、作業は非常に簡単です。しかし今回は1本のボルトを外すのに苦労しました。
片側バンクのアイドラープーリーを留めているボルトが硬く締まり過ぎていて緩みません。
ボルトの頭が10mmのスパナしかかからず、スパナではとても緩みません。バイスプライヤーでくわえても全く緩まず、どうにもならなくなってしまいました。
仕方ないのでベルトサンダーでローラー部分を削って外し、ボルトをバイスプライヤーでしっかりくわえて外しました。
 
組付けはすんなり終わりました。ちなみに新しいプーリーボルトは普通のボルトに変わっていて、ボックスの工具が入るようになっていました。
わざわざ変なボルトにしないで、最初から普通のボルトにしておいてくれれば良いのにね。
 
 
posted by エアーズ at 23:08 | 作業日誌

DUCATI

2月10日(金)
IMG_20170210_185819.jpg
 メーカーに注文してから1週間してようやく部品が入荷して、いよいよDUCATIの作業が本格化してきました。
そんなDUCATIの作業の中で、ヘッドライトのLED化があります。
LEDのバルブに交換するだけの作業のはずでしたが、やっぱり何かと簡単にはいきません。
 
左の写真の真ん中にある茶色いプラスチック部品がバルブを裏から留める部品です。
その下にあるLEDバルブを留めるためにはその留具をカットしかくてはいけない上に、カットしても細かい部品の都合で上手く留まらないので、新たに留具を作ることにしました。
よくある針金の留具を考えましたがその細かい部品の都合で、こちらも上手く留まりません。
仕方ないのでアルミで作ったのが写真の右側の部品です。
写真では分かりにくいですが旋盤で何重か削り、バルブを通すためにカットしてあります。そして部品の都合をクリアするために、明日フライスで少々加工をすれば完成です。
こういう細かいものを凝って作ってしまうので時間がかかってしまうのですね・・・。DUCATIの作業はまだ沢山あるので、サクサク作業して仕上げていきます。
 
 
posted by エアーズ at 22:32 | 作業日誌

ジャイロキャノピーの試作

2月8日(水)
IMG_20170115_112245.jpg
 ジャイロキャノピー用の試作エンジンが、ようやく普通に回るようになりました。
苦手分野の電気系を調べたところ、高回転が回らないのはCDIが進角していないことが原因だったようです。
そこで新品のCDIを手配して装着したところ、実に調子よくエンジンが動いてくれるようになりました。
元々付いていたCDIは進角したままホールドしてしまっていたようで、後に付けた国産CDIは進角しないタイプだったようです。
 
実際に敷地内を走ってみると、力強くて良い感じです。ただ構造上、足で行うシフトチェンジがイマイチで、公道で走行テストするためにはシフトチェンジ方法を考え直さないといけないようです。
何かとまだまだ時間がかかりそうですが、元気に走ってくれたので1歩前進です!
 
 
posted by エアーズ at 00:05 | 作業日誌

アルミ加工製品

2月7日(火)
 午前中に東京の陸運事務所に行ってきたので、工場での作業は午後からになりました。
その作業はアルミの加工製品製作です。
アルミアングルやアルミパイプをカットして穴を開けるだけの簡単な製品作りで数も少ないのですが、寒くて度々休憩して暖をとっていたら午後の時間丸々かかってしまいました。
時間はかかってしまいましたが一作業終わらすことが出来たので、ノルマは達成です!
 
 
posted by エアーズ at 22:50 | 作業日誌

TP-02製作

2月6日(月)
IMG_20170206_172911.jpg
 色々作業が詰まっている中にTP−02の製作も入っています。
今回は2本分の製作準備で、今日は集合部の製作です。写真はその材料をカットしたところです。
ステンレスのエルボを写真のようにカットして溶接し、集合部を作るのです。
90度に曲がったパイプを複雑な形にカットするので、冶具を作ってメタルソーでカットできるようにしています。
 
集合部製作ももう少しかかりますが、その次はメインフランジの下加工や32パイのパイプのカットなど、準備作業がまだまだ続きます。
 
 
 
posted by エアーズ at 23:20 | 作業日誌

クラッチスプリング

2月4日(土)
IMG_20170204_163804.jpg
 注文していたスプリングが届きました。
DUCATIのクラッチを軽くするためのスプリングで、使えそうなものを2種類頼んでいました。その内の1つ、線径2.3mmのものが良さそうなので、それを使う準備を始めました。
 
線径が細くて自由長がやや長いスプリングで、そのまま組み込めないかと期待しましたが、巻数が多いせいで最圧縮時の長さが長過ぎてカットが必要になりました。そしてカットしたのが左の写真です。
カットした結果自由長も純正に近づいて、良さそうな予感です。
 
6本のスプリングを全てカットしてクラッチに組み込んクラッチを握ってみたところ、手ごたえは良い感じです。
実際にエンジンをかけてテストしてみないと分かりませんが、上手くいきそうな感じです。
意外にあっさり決まったかな?
 
 
posted by エアーズ at 00:03 | 作業日誌

金属加工製品

2月2日(木)
IMG_20170202_150954.jpg
 今朝、お得意様から連絡があり、金属加工製品の発注・受注の行き違いがあったことが判明しました。
そのため大至急製作することになり急いで材料を発注しましたが、手持ちの材料で出来るだけ作り始めました。
材料が限られるので注文数の半分強しか作れませんが、少数でも作って今日中に納品したいと頑張って作業しました。
おかげで半分ほどの製品は完成させられて、残りの分も材料が届き次第素早く完成させられるように準備をしておくことが出来ました。
 
突然だったので、今日は1日中焦らされている日となってしまいました。
 
 
posted by エアーズ at 23:26 | 作業日誌

点火系解決?

1月31日(火)
IMG_20170131_184038.jpg
 点火系で悩まされていたジャイロキャノピーの試作エンジンですが、ようやく1STEP進められました。
電気系は苦手なので随分苦労させられましたが、今日ようやく様々理解が進んで、国産のCDIで点火させることができました。
国産CDIにしたところ、驚くほど始動性とアイドリングの安定性が向上しました。これで普通にエンジン始動してくれて、普通にずーっとエンジンがかかったままになっています。
まだキャブのセットが出ないのか?高回転が回っていかないのでテストが必要ですが、普通にエンジンがかかってくれるのでテストは簡単に進むでしょう。 ただ、もしかしたらオリジナルのCDIが回転数で進角しているかも知れないので、そうだとするとまだ点火系解決とはなりません。
いずれにしても、先が楽しみです。
 
 
posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌

ウインカースイッチ

1月30日(月)
IMG_20170130_175209.jpg
 入庫中のDUCATIの作業が続いていますが、今日の作業日誌はウインカースイッチの修理です。
ウインカースイッチの操作部分が折れていて操作しにくいので、操作部を再生しています。
 
写真の黒い部品が折れた純正ウインカースイッチを分解して取り出したもので、右側がそれに付けるためにアルミ材を削り出して作った操作部です。
作ったまでは良いのですが接着方法が想定どおりにはできなくて、接着方法が問題になっています。
何か良い接着剤を見つけるか、これを却下して別の方法を考えるか、悩まされている最中なのです。
 
意外に地味な難題となっています。
 
 
posted by エアーズ at 23:10 | 作業日誌

クラッチスプリング

1月28日(土)
IMG_20170128_174358.jpg
 DUCATIのレギュレーター交換作業は無事に済み、アイドリングで13V〜14Vまで上がるようになりました。
お次の作業がクラッチレバーの重さの軽減です。
クラッチレバーがあまりに重たいので、クラッチ内部のスプリングを少し弱いものに交換するのですが、対策スプリングが販売されているわけではないので、具合の良いスプリングを探すのが大変です。
6本中3本を変えるという手が一般的に流行っているようなので、まずはその方法で試してみることにしますが、更にその前に使えそうなスプリングを幾つか手配している最中です。
 
すんなり決まって早く解決してくれることを期待しています。
 
 
posted by エアーズ at 23:13 | 作業日誌

レギュレーター

1月26日(木)
IMG_20170126_140144.jpg
 DUCATIの作業のひとつ、アイドリング中の充電電圧が不充分なのでレギュレーターを交換すると言うのがあります。
どうやら定番の修理らしく、国産バイクのレギュレーター(レギュレートレクチファイヤー)に交換するというのがお決まりのようです。
ジャイロキャノピーで全波整流にするときの改造に似ていますが、それよりは遥かに簡単な作業です。
まずは今日交換する国産レギュレーターを手配したので、入荷次第配線を確認していくことになります。
 
その他色々悩まされる作業が続くので、心して作業していきます!
 
 
 
posted by エアーズ at 00:25 | 作業日誌

DUCATI

1月25日(水)
IMG_20170125_102722.jpg
 DUCATIが入庫しました。
細かい修理やオイル漏れなどの大掛かりになる恐れの有る作業など、色々沢山の作業が予定されています。
今日から一気に作業開始と行きたかったのですが、改造されていたGT−Rのメーター配線の不具合が出て、原因解明と修理で時間を取られ、DUCATIは作業準備までとなりました。
 
明日は沢山触れるでしょう。
 
 
 
 
 
posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌

GT−Rの部品

1月24日(火)
IMG_20170124_151920.jpg
 入荷を待っていたGT−Rの部品が、今日ようやく入荷しました。スピードメーターケーブルです。
最近では少なくなった機械式のスピードメーターのケーブルです。
交換作業もそれ程大変なものではないので、作業はすぐに完了です。
GT−Rの作業は明日には終わるので、次はアルトワークスが待っています。
 
他にもドカティも入ってくるので、明日からも忙しい日々は続きます。
 
 
 
 
posted by エアーズ at 23:10 | 作業日誌

沢山の作業

1月23日(月)
 昨年末から忙しい状態が続いています。
入庫中車両の作業は部品待ちで止まっていますが、その代わりに今日はTP−02製作、ジャイロキャノピーの試作、アルミ溶接作業、等などです。それぞれの作業がどれも良い感じで進んだ1日で、精神衛生上も良い日でした。
毎日こんな気分で作業をしていくようにしましょう!
 
 
posted by エアーズ at 22:59 | 作業日誌

バス

1月20日(金)
IMG_20170120_133207.jpg
 エアーズには珍しいバスが入庫しました。
送迎バスの乗降ドアの土台にクラックが入ってので、溶接して欲しいとの依頼です。
サッと溶接するだけの簡単な作業と高をくくっていましたが、意外に難敵でした。
見えていた部分以外にもクラックが広がっていたり、溶接時の体勢維持が大変だったりしましたが、作業自体は上手く仕上がりました。
 
こういう仕事は結構好きなのです。V
 
 
 
posted by エアーズ at 23:25 | 作業日誌

トランクヒンジ

1月19日(木)
IMG_20170119_182849.jpg
 昨日入庫したGT−R。
トランクヒンジが曲がっていて、トランクを開けると閉まらなくなっていました。
 
以前一度修理したのですが再度曲がってしまったので、今度はかなりの補強を入れて修理することにしました。
曲がりを修正してから鉄板を溶接していきます。
何箇所も補強を入れるので結構時間がかかりましたが、しっかり強いトランクヒンジに生まれ変わったと思います。
GT−Rはスピードメーターケーブルが入荷次第、仕上がります!
 
 
posted by エアーズ at 00:10 | 作業日誌

2台入庫

1月18日(水)
IMG_20170118_145538.jpg
 作業が立て込んでいて入庫を待ってもらっていたアルトワークスとGT−Rを、ようやく引き取りに行けました。
GT−Rの方は大きなトラブルではないのですぐに出庫できそうですが、アルトワークスは少し時間がかりそうです。
まずは明日、GT−Rをサクッと終わらせて、アルトワークスにも手を付けたいと思います。
 
ひとつひとつ、コツコツ終わらせていきましょう!
 
 
 
 
 
posted by エアーズ at 22:33 | 作業日誌

サンバー用エキマニTP-02

1月16日(月)
IMG_20170116_115946.jpg
 製作が続いているサンバー用エキマニTP−02が完成です。
手配してあったガスケット類の付属品の入荷が遅れていて、その入荷があるまでこのTP−02の出荷はお預けになってしまいました。なんとか明日には出荷したいと思っていますが、部品次第なので仕方有りませんね。
それにしても、写真に撮ってこうして見ると、なんだか出口が取れたトランペットのようですね。
 
次のオーダーも入っているので、既に次の製作にも入っています。
まだまだエキマニ作りは忙しく続きます。
 
 
 
posted by エアーズ at 22:33 | 作業日誌

初走行

1月15日(日)
IMG_20170115_112245.jpg
 ずっと続いてたジャイロキャノピー用試作エンジン搭載作業で、今日ようやくひとつステップが進みました。
初走行が出来たのです。
初走行したと言っても敷地内の短い距離で、2速にシフトアップするのがやっとの距離です。
 
エンジンはさすがに高排気量なのでパワフルで、好感触です。
ただ、まだ始動性が悪い原因の考察はできておらず、一旦エンジンが止まると再始動まで大変です。
そして走行して判明した不具合は、シフトチェンジシステムです。
 
シフトチェンジはワイヤーで行なっているのですが、剛性不足等の問題でとても普通に走行できる状態ではありませんでした。今後シフトチェンジシステムを最初から見直さなくてはいけません。
やっと走って期待は高まりますが、まだまだ時間がかかりそうです。
 
 
posted by エアーズ at 22:49 | 作業日誌

クランク芯出し

1月13日(金)
IMG_20170113_172434.jpg
 今日も幾つかの作業をして、ようやくそのその内のひとつを完成させ、納品まで漕ぎ着けました。
そんな複数の作業の中で、今日の作業日誌はバイクエンジンのクランク芯出しです。
 
220ccのオフロードバイクのエンジンオーバーホールしているお客さんの、クランク大端ベアリング交換と芯出し作業だけの依頼です。
 
プレスでクランクを分解してベアリングを入れ替えますが、再度プレスで組込む時に慎重になる必要があります。組込みの際に出来るだけ芯がぶれないように組んでおかないと、芯出し作業がかなり大変になるからです。
と言うことで慎重に組み込んだつもりでしたが思ったよりもずれていて、微調整では思うように芯がでてくれません。長い戦いを覚悟しました。
 
覚悟を決めて大きなハンマーで思い切って作業をすると、予想に反して数度の調整でバッチリ芯が出てきました。かなり良い線で芯が出たので、欲をかかずにOKを出して作業完了です。
長引く覚悟だったので、本当にホッとさせられました。
 
 
posted by エアーズ at 22:50 | 作業日誌