出戻り

8月8日(水)
 長く入庫していて先日出庫したアルトワークスが戻ってきました。スピードメーターが動かなくなったのとエンジンのチェックランプがついたようです。今日は引き取りに行っただけで作業はごじつですが、古い車は大きく手を付けると次から次に問題が出てくるものです。
まずは現状ではついていないチェックランプの状況確認から始めます。
posted by エアーズ at 01:31 | 作業日誌

GOLF 光軸クリア

8月6日(月)
 金曜日に予備検屋さんで発覚したGOLFのヘッドライトトラブル。調整部分の部品を作って再度予備検屋さんに持ち込みました。
やはりこのトラブルは定番らしく、修理してきたと言ってもヘッドライトを交換した形跡がないので、予備検屋さんも興味深々です。
部品を作ったことに予備検屋さんも感心していました。

心配していた調整問題なく収まり、そのまま無事車検を取って帰ってきました。
posted by エアーズ at 23:50 | 作業日誌

ハンダ付け作業

8月5日(日)
 いつも作業日誌でハンダ付け作業は老眼対策になると書いてきましたが、最近老眼が進んでいる気がしていました。
視力も体力のひとつなので、椎間板ヘルニアで2月からトレーニングをしていなくて体力が落ちてきているのが原因だろうと思っていました。
ここ1ヶ月ちょっとレベルは低いながらトレーニングをしている中での今日のハンダ付け作業です。
結果、今日は良く見えていました。やっぱり視力は体力の一部という持論は正しいようです。

posted by エアーズ at 23:38 | 作業日誌

光軸調整部品

8月4日(土)
2012_08040003.JPG GOLFのヘッドライト光軸調整部品を作ってみました。
最初の予定では残っている部分を使って作ろうとしていたのですが、ライトケースから外そうと手で触れるだけでプラスチックがボロボロと崩れて原型をとどめていません。
仕方ないのでゼロから作ることにして出来たのが左の写真の部品です。ただ、元の部品の原型がないので、写真左の部品の寸法が正確ではありません。
この寸法がいい加減なせいで光軸が調整範囲に入らないかが心配です。月曜日に予備検屋さんに行ってみてのお楽しみです。

こんな部品のせいで普通にヘッドライトを交換すると部品代で7万円弱もかかるのです。
プラスチック部品は日本製に限ります。さらに言えば、車は日本製に限ります!
posted by エアーズ at 23:26 | 作業日誌

GOLFのヘッドライト

8月3日(金)
2012_08030002.JPG GOLFの車検に品川の陸事に行って、予備検屋さんで光軸を調整してもらいました。
しかし光軸調整が出来ないと、予備検屋さんにサジを投げられてしまいました。
泣く泣く帰ってきてヘッドライトを分解したのが写真です。
バラしてみると、左右のライトの調整部分4箇所のプラスチック部品が、4個全部折れていました。
部品を調べて見るとヘッドライトAssyになります。

この程度の部品で万円単位でお金をかけるのは許せないので、部品を作って直してみます。
納車まで時間の余裕が有るからこそできるチャレンジです。

posted by エアーズ at 23:18 | 作業日誌

アルトワークス完成?

8月1日(水)
 ながーい入庫のアルトワークスがバッチリ完成して、納車の連絡をしようと思った矢先、またセルが回らなくなりました・・・。
またまた調べて見ると、マグネットスイッチまでは電源がきています。音から判断してマグネットスイッチも動いてはいます。更にマグネットスイッチは新品なので接点の劣化も考えられません。
すると答えはマグネットスイッチの稼動範囲、つまりギアの飛び出し量が足りないのです。ギアが飛び込みやすいようにギアの研磨もしてあるので、そのギアの部分にワコーズのスレッドコンパウンドを塗ってみました。これで引っかかりにくくなることを期待しての作業です。
その後快調にセルは回っています。
安心は出来ないので、2〜3日様子を見てから納車です。
posted by エアーズ at 23:44 | 作業日誌

半分達成

7月31日(火)
 なかなか思うようには事は進まず、昨日作業日誌で完成できそうだと言っていた2作業のうち、完成できたのはエキマニTP-02だけでした。
アルトワークスの方は部品の塗装下地作りに時間がかかった上に塗装たれもあって、完成にいたる事が出来ませんでした。
作業を予測することは本当に難しいものなのです。

posted by エアーズ at 00:08 | 作業日誌

2作業の出口

7月30日(月)
 今日はサンバー用エキマニTP-02製作と、ながーく入庫しているアルトワークスの作業の2作業でした。
どちらも効率的に作業が進み、共に作業の出口が見えて完成間近です。
明日には完成できるかな?
posted by エアーズ at 23:03 | 作業日誌

イボイボ

7月29日(日)
2012_07280002.JPG 今日の作業はTP-02製作やオーバーフェンダー加工でしたが、写真は昨日の塗装作業のひとコマ。
一瞬見てもなんだか分かりませんが、このイボイボはボルトです。
ボルトの頭を塗装するためにダンボールに穴を開けて、そこにボルトを差し込んで塗装するのです。
一度にボルト2ケース分ほどを塗るのですが、塗る前にダンボールの穴へボルトを差し込んでいくだけで1時間近くかかるのです。
自動で並べられる機械が欲しくなってきます。それにしてもパッと見はなんだか気持ち悪い感じですね。


posted by エアーズ at 00:26 | 作業日誌

緊急引取り

7月26日(木)
 加工作業が入っているお得意さんから朝一に電話があり、一部の作業を至急仕上げて欲しいとの事。部品が足りないのでお得意さんがお昼に持ってきてくれました。
そこで早速作業しているとまた電話が。なんと部品を届けた帰りに、座間でGOLFのオートマミッションが壊れて動けなくなったとの事です。
大至急引き取りに向かい、無事GOLFを引き上げてきました。

その後加工作業を再開し、何とか今日中に仕上げることが出来ました。忙しいときに限ってこういう事が起きるものですね。近所の座間で良かった。

posted by エアーズ at 00:06 | 作業日誌

アルトワークス

7月25日(水)
 部品待ちをしていたアルトワークス。部品入荷でやっとエンジン搭載です。
オイル漏れ、スターターも完全に直り、ついでにエアコンガスも注入。完全にリフレッシュされました。
あとはオーバーフェンダーの製作です。FRP作業が沢山なので、他の作業の合間にちょいちょいとやっていきます。
やっと出口が見えてきました。
posted by エアーズ at 01:15 | 作業日誌

Jeep

7月24日(火)
 昨年クーラーを取り付けたJeepが点検で入庫です。
オイル交換などがメインの作業ですが、取り付けたクーラーシステムもチェックです。
実は僅かながらガス漏れがあり、場所の特定のためにリークテスターを手に入れていて、今日がそのテスターの初仕事です。
テスター診断の結果、心配していたワンオフ製作部分の漏れは無く、低圧側の注入口が怪しいことが分かりました。
バルブを変えればいいのですが、漏れも僅かでガスを足したししながら様子を見ることにしました。
漏れの場所が分かるだけで随分安心できるものですね。

posted by エアーズ at 22:59 | 作業日誌

自賠責保険

7月23日(月)
2011_05150009.JPG 先週からエアーズで自賠責保険の取扱が出来るようになりました。
ユーザー車検に行く方も、自賠責だけでも是非エアーズへ!

と言うことでエアーズのジャイロキャノピー・カスタムデモカーの自賠責が切れていたので、自賠責に入ることが出来ました。
せっかくジャイロキャノピー・カスタムの下見に来ていただいたお客さんに試乗してもらえなかったのですが、これで試乗可能になりました。

残るはオートローンの取扱ですが、申請して1ヶ月半過ぎましたが未だに返答がありません。営業マンにプッシュしても「上からの返事待ち」とのこと。
早くOKの知らせが来ないかなぁ。
posted by エアーズ at 22:39 | 作業日誌

オーバーフェンダー

7月22日(日)
2012_07220003.JPG ずーっと入庫しているアルトワークスですが、オーバーフェンダー取り付けの依頼も受けています。
写真のように汎用のファンダーを仕入れたのですが、大きすぎてみっともないのでカットして小さくして付けることにしました。

左写真の一番手前がカットした状態です。
カットすることで留めしろがなくなってしまうので、装着方法が問題になります。



2012_07220004.JPGFRPでベースを作って付けることにしました。
写真のようにまずFRPでベースを作り、このベースとカットしたオーバーフェンダーをくっつけて、両面テープと鉄板ビスで車両に取り付けます。
結構凝った装着方法になってしまいました!




posted by エアーズ at 22:31 | 作業日誌

TP-02の製作

7月21日(土)
2012_07210007.JPG 今日はTP-02製作に専念できた日でした。
写真はその過程で、写真中心のパイプが離れている部分は、色が変わっているので分かるとおり一旦溶接した部分をカットしたのです。

いくら仮付けで丁寧に組んでいっても、本溶接すると微妙にずれが出てしまうのです。多少ずれは問題ないのですが、ある程度を超えると写真のように再度カットして、ずれが無いように再調整してから溶接するのです。

そんなこんなで今日は1本完成することが出来ました。またすぐに次を作り始めます。
posted by エアーズ at 23:21 | 作業日誌

タイヤ組替・バランス 2本

7月20日(金)
 今日はTP-02製作に専念していたのですが、エアーズの常連さんからタイヤ組替・バランス2本の作業依頼があり、大作業でもないので先に先に手を付けました。

作業車両は車高短でリフトに上げるのも手間なのですが、リアタイヤ2本の組替なのでガレージジャッキで充分です。作業はスムーズに終わり、ジャッキを外すと、そこから今日の作業日誌ネタが始まります。

組み替えたタイヤは同一サイズなのですが、微妙に外径とトレッドが大きくて車高短車両のためにフェンダーに当たってしまいました。
幸いフル調整のピロ足が付いているので、キャンバーをつけてクリアすることにしました。

調整範囲の結構ぎりぎりのところまで調整してみましたがフェンダーへの干渉はなくならず、結局タイヤを元のタイヤに組みなおして、キャンバーも戻すことになりました。
結局もとの状態で常連さんお帰り。っと思いきや、なぜかまだタイヤがフェンダーに微妙に干渉します。
元の状態と違うのはタイヤを裏組みしただけなので、恐らくそのせいでタイヤがフェンダーに干渉したのでしょう。仕方ないのでキャンバーを少しだけつけて、何とかクリアできました。

この間およそ4時間!タイヤ組替&バランス 2本で3時間です!! 作業時間はともかく、常連さんが買ってきたのは国産の高級タイヤだったので、高い新品タイヤの処分&資金回収に悩み、かなり凹んでいました。
色んな部分でギリギリの車両に乗っている皆さん、ご注意あれ。
posted by エアーズ at 00:47 | 作業日誌

エキマニ関係

7月18日(水)
2012_07180001.JPG 昨日の塗装作業の続きを終わらせて、今日はエキマニ関係の作業です。
写真は遮熱板の微調整です。純正遮熱板をカットした車両で試作したので、純正遮熱板との干渉が多くなっていました。ちょとっと修正が必要です。でもすぐに解決するでしょう。

その後エキマニの修理修理作業に取り掛かり、修理工程の段取りができた時点で今日の作業は終わりです。

 椎間板ヘルニアが回復してきてせっかくランニングできるようになったのですが、作業が詰まっていてトレーニング時間が取れなくて残念。でも、とってもありがたいことです。毎日の忙しい作業がトレーニング代わりです!
posted by エアーズ at 01:21 | 作業日誌

マグネットスイッチ

7月17日(火)
2012_07170001.JPG 今日の作業は急遽納期がタイトになった塗装作業になって、深夜にまで及びましたが終わらせることはできず、少し明日に持ち越しです。
そんな中作業日誌は連日作業日誌に登場しているアルトワークスのスターターモーターのマグネットスイッチです。
部品注文前にちょっとやってみたら、何とか分解が出来ました。やはり接点はかなり減っています。
接点に銅板を貼り付けるか、接点の位置をずらすか? 簡単なのはワッシャーを挟んで接点位置をずらす方法なので、そっちを選択することにします。

こちらの作業は塗装とエキマニ作業が終わったら取り掛かりです。
posted by エアーズ at 01:22 | 作業日誌

アルトのマグネットスイッチ

7月16日(月)
 アルトワークスのスターターモーターのマグネットスイッチを分解してみようとトライです。
非分解のカシメ部分をはずしてみたのですが、外のハンダを取らないと分解できないようで、壊してしまう可能性が高くてストップです。
マグネットスイッチだけ部品で出るようなので、とりあえず新品交換して新品入荷後に壊す覚悟でばらします。
と言うことでまた部品待ちになってしまいました。

 その後エキマニ製作や遮熱板製作をしましたが暑さのせいかはかどらず、今日は少し早く作業終了です。
明日も暑くなりそうですが、暑さの中で頑張ります!!
posted by エアーズ at 22:56 | 作業日誌

凹む1日

7月15日(日)
 連休中日で通勤時間を普段の2倍以上かけて出勤し、アルトワークスのエンジンを積みました。
作業は順調に進み、エンジンをかけようとしたらセルが回らない!? 何度かトライすると普通にエンジンはかかりますが、これでは作業前と同じです。原因はフライホイールのバリではなかったと言うことです。あと考えられるのは、マグネットスイッチの接点の接触不良しか考えられません。

狭い作業スペースでマグネットスイッチだけを外そうかと考えながらエンジンをかけてラジエタのエア抜きをしていたら、今度はオイル漏れが!! 調べてみるとオイルパンからです。
ここの液体ガスケットは、エンジンを作業台に乗せてひっくり返し、作業環境の良い状態で作業をし、ワイヤーブラシで古いガスケットを取り除き、パーツクリーナーとシンナーで脱脂して丁寧にガスケットを塗布、ボルトを全てトルクレンチで締め、乾燥時間は2日です。
つまり慎重丁寧に作業をしたにもかかわらず作業前よりジャジャ漏れです。

エンジンを下ろすのは2時間もあれば下りるので簡単なのですが、さすがにダブルパンチで凹みます。
仕方ないのでまたエンジンを下ろしてオイルパンの液体ガスケットを塗りなおしたところで作業終了。と思いきやトラブルの電話が・・・。

急いで対応に向かい、何とか今日できる作業は終了。
今日はトリプルパンチで思い切り凹んでしまいました。まぁ、こんな日もあるものです。ポジティブに行きましょう!
posted by エアーズ at 01:52 | 作業日誌