バックカメラ

6月13日(火)
IMG_20170613_184827.jpg
 ポルシェにバックカメラを付けています。
今回は後を見るカメラだけではなく、前も写すフロントカメラも合わせて付けています。
カメラ装着で作業でバンパーから映像線を通そうとしていると、ポルシェのこだわった車作りが見えてきます。
 
車両裏側やバンパーの取り付け部分にカバーが綺麗に付いていて、配線を通すためにカバーを外す度に綺麗にカバーが作られているなぁと実感させられます。
 
カメラも上手く付いて、既存の配線の整理も済みました。長くかかったポルシェの作業も、もう少しで完了しそうです。
 
 
posted by エアーズ at 22:45 | 作業日誌

ダンプのあおり

6月9日(金)
IMG_20170609_172808.jpg
 去年から予定に入っていたダンプのあおり修理で、ようやく車両が入ってきました。
2台セットで作業予定になっていて1台目は去年のうちに終わっていたのですが、その2台目の入庫です。
1度同じ作業をしているし材料は既に用意してあったので、まぁまぁ順調に作業を進めることが出来ました。
 
お客さんが自身で作っていたあおりを車検対応にすることがメインですが、元のあおりがグニャグニャに曲がっていたのでそれを修理することから始まります。
1台目はその曲がったあおりの修理で苦労させられたので、今回は小型プレスを工場の床にアンカーを打って固定して修理をしました。
その事が今回の順調作業の大きな要因でしょう。何事も数をこなしていかないと糧にならないものですね。
 
 
posted by エアーズ at 22:32 | 作業日誌

排気系部品

6月8日(木)
IMG_20170608_140809.jpg
 ポルシェのエンジンルーム内のゴムホースが切れていたので交換することにしました。
964ポルシェは初めて触るので当初はなぜ排気系にゴムホースなのかと思いましたが、良く見てみるとヒーターの配管のようです。空冷なのでエキマニ周りの熱気をヒーターに使っているようで、その配管のゴムホースでした。
 
そして現車に着いていなかった部品を部品図を見て発見し、注文したのが写真右下の金属製リングです。
マフラーと触媒のつなぎ目に入る部品現車には入っていなくて、代わりにアルミテープが巻いてありました。
どうやらこのリングが無かったせいで排気漏れが起き、リアバンパーの下回りが黒くすすけていたようです。
これで排気漏れが無くなって、快調になるでしょう。
 
 
posted by エアーズ at 01:41 | 作業日誌

ドライブシャフトブーツ交換

6月7日(水)
IMG_20170607_173405.jpg
 ポルシェのドライブシャフトブーツが入荷したので、交換作業に入りました。
ブーツが破れているのはアウター側で、シャフトを外してから国産車のように分解できるのかとトライしてみましたが、どうも国産と同じように簡単には叩いて外れるようなものではなさそうです。
新品の部品にはアウターブーツと共にインナー側のグリスカバーも付属していたので、インナー側から交換するのだろうと理解をし、インナー側から交換しました。
 
ブーツ交換は無事に完了しましたが、アウター側のジョイントを分解する時はどうするのだろうか?と考えてしまいました。オリジナリティあふれるポルシェなので、なにか細工があるのか? 後日調べてみようと思います。
 
 
posted by エアーズ at 22:20 | 作業日誌

アメ車の車検

6月5日(月)
IMG_20170605_105451.jpg
 急ぎの依頼でタンドラーの車検代行作業が入ってきました。
仕事の関係でどうしても今日中に車検を取って欲しいとのことでした。
アメ車といってもトヨタ製アメ車のノーマルなので、何も問題なく車検が取れるだろうと、先に予定されていた入庫中のアストロと合わせて、2台の車検を取りに行ってきました。
 
アストロは長らく入庫していたおかげもあって、スムーズに車検を取得することができました。しかしタンドラーの方は、ヘッドライトの反射板の劣化のせいで出直しを食らい、ぎりぎりで今日中の車検取得となりました。
 
インパラも入庫しているので、なぜかアメ車づいているエアーズです。
 
 
posted by エアーズ at 23:29 | 作業日誌

ステンレスフランジ

6月4日(日)
IMG_20170604_181626.jpg
 入庫中のポルシェに漬けるECVが入荷しました。
ECV装着にあたり、ECVを挟み込む形でフランジが2つ必要になります。既製品を買ってくると時間も金もかかるので、10mm厚ステンレス板から作ることにします。
 
ステンレスの板をバンドソーでカットしてからホールソーで60パイの穴を開けるのですが、60mmのホールソーは持っていないので、40mm前後の穴を開けてから旋盤で広げていくことにします。
ステンレスは硬いので、カットも穴あけもちょっとずつ根気強く進めることになります。
我慢強くやっていきます。
 
 
posted by エアーズ at 22:30 | 作業日誌

トランクオープナー

6月3日(土)
IMG_20170603_165724.jpg
 注文している部品が少しずつ入荷してきて、ポルシェの作業が本格化してきました。
そんな中、ボンネットを開けようとしたらワイヤーが切れたのか、オープナーハンドルがプラプラになってしまいました。
調べてみるとワイヤーの端が折れたようですが、オープナーのプラスチック部分も少し割れてました。とりあえずワイヤーを手配して新品の形状を確認して、プラスチック部分は修理で対応できるか検討します。
 
古い外国車なのでその他プラスチック、ゴム部品は痛んでいる部分が意外に多く、パッと見た目は平気でもブーツやパイプがダメになっている部分が結構出てきます。
次々と交換部品が出てくるので大変です。
 
 
posted by エアーズ at 21:23 | 作業日誌

ミッションマウント

6月2日(金)
IMG_20170602_105606.jpg
 先日の作業日誌に登場したポルシェの緩んでいた部品はミッションマウントでした。
M10のボルト6本でボディに止まっているマウントですが、6本全部が外れていました。そのうち1本は折れていて、中にボルトが残っていました。
 
徐々に緩んで取れてしまったことでアルミ製のミッションマウントのネジ穴は多少痛めつけられて大きくなっていましたが、幸いボディ側のネジ山は無事でした。
マウント側の穴もなんとかそのままいけそうなので、ボルトを用意して締めなおししました。
今度緩んでしまうと致命的なので、絶対に緩まないようにワイヤーロックをかけました。
これで絶対に緩まないでしょう。
 
 
posted by エアーズ at 22:51 | 作業日誌

インパラ

5月30日(火)
IMG_20170530_164102.jpg
 古いアメ車のインパラが入庫しました。
引き取りに行ってきたのですがエアーズの積載車には乗らないので、仲間の業者さんにお願いをして積載車を出してもらい、一緒に引き取りに行ってきました。
車高短のうえに不動車なので駐車場から出すだけでも予想以上に苦労して、やっとの思いで積み込んで運んできました。
エアーズに着い降ろすこと自体はスムーズにできたのですが、あまりの重さで駐車場での移動が大変で、手動ウインチを駆使して予定の場所に停めることが出来ました。
 
作業を進めるにためにホイールを外す必要があるのですがホイールがセンターロックになっていて工具も載っていませんでした。仕方が無いので工具を作ることにして準備を始めました。
 
写真の8角形パーツを作り、大きな鉄パイプに溶接します。反対側にナットを溶接して完成です。なんとか工具を作るところまで進みましたが、ホイールが外せるかはまだこれからです。明日ホイールはずしの確認だけして、実際の本格作業はポルシェの作業の後になります。
 
 
posted by エアーズ at 21:09 | 作業日誌

ジムニー用収納ボックス

5月29日(月)
IMG_20170529_173856.jpg
 ジムニーのスペアタイヤの中に、専用の収納ボックスを作って欲しいとの依頼があって、アルミ製の収納ボックスを作りました。
主にタイヤチェーンを入れたいとの事だったので、3mm厚のアルミ板しっかりした強度を持った箱にしました。
 
3mm厚アルミ板のカット、そしてローラーでの丸め作業をして、溶接して完成といった感じの作業です。
蝶番が外側から見えるのが格好悪くていやだったので、蝶番は内側に付けました。そのため蓋は写真のように90度ほどしか開きませんが、収納には影響ないでしょう。
 
久しぶりのアルミ溶接での作業でしたが、まぁまぁ上手く仕上げることが出来ました。
 
 
posted by エアーズ at 22:24 | 作業日誌

ポルシェの下面

5月28日(日)
IMG_20170528_111938.jpg
 本格作業はまだ少し先になる、入庫中のポルシェをリフトに上げました。
初めて964ポルシェを下から見ましたが、やっぱり普通の車とは違います。勿論リアエンジンだということもありますが、独創性を感じさせられる作りをしています。
 
 感心しながら下面を眺めていると、アンダーカバーが外れて下がってきている部分があります。
クリップだけ入れれば良いだろうと思ったら、なにやら違和感があります。良く見るとサブフレームだかクロスメンバーだかを止めているボルトが1本抜け落ちていて、サブフレームが落ちかけていました。
これは他にも怪しい部分がないか、丁寧に時間をかけて見ていく事になりそうです。
 
 
posted by エアーズ at 23:50 | 作業日誌

ポルシェ

5月24日(水)
IMG_20170524_131501.jpg
 ポルシェ964のカブリオレが入庫です。
今回の入庫は、カメラ取付や細かい部分の整備です。
以前からずっと触ってみたかった車なので、じっくり見るのが楽しみです。
 
予定が詰まっているので、じっくり見られるのは来週になってしまいそうかな?
 
 
 
 
 
posted by エアーズ at 22:22 | 作業日誌

キャブレター オーバーホール

5月23日(火)
IMG_20170523_105622.jpg
 入庫中のジャイロキャノピーのエンジン不調を解決するために、先日キャブレターのオーバーホールをしました。その結果、明らかに中止が良くなりました。
こんなものかかなぁとも思ったのですが、この車両はもっと力強かった印象があったので、今日もう一度キャブをオーバーホールすることにしました。
 
今回はアルミ用のクリーナー溶液に漬けて、内部をより綺麗にすることを目的にした再オーバーホールです。
パーツクリーナーなどの清掃も合わせて行い、念入りに作業しました。
 
オーバーホール完了後に再装着してテスト走行。結果はあまり変化無しです。もともとこんな感じだったのか? まだ他になにか原因があるのか? もう少しテストしてみることにします。
 
 
posted by エアーズ at 22:11 | 作業日誌

レジアスエース

5月21日(日)
IMG_20170521_184310.jpg
 昨日ご近所のお客さんから「レジアスエースのスターターが止まらなくなった。」と言う救援依頼があり、今日車両を引き取りに行ってきました。
 
確認した症状は、バッテリーを繋ぐとセルモーターが回り続け、エンジンがかかっていても、止まっていても、キーを抜いても、何をしてもセルモーターは回りっぱなしです。止めるにはバッテリーを抜くしかありません。
最初、リモコンエンジンスターターが付いているのでそれが悪さをしているのかと疑いましたが、配線をチェックしていくと原因が判明しました。
セルモーターの電源を繋ぐと、スタータースイッチソレノイドの配線を繋がなくてもセルが回るので、セルモーター自体のスイッチが常時ONになっていました。
セルモーター交換だと外して、セルモーター単体にしてテストしてみると、ソレノイドもモーターも全く問題なく動いています。どうやらセルモーターを外す過程の振動か何かで、ON状態で引っかかっていたスイッチが戻ったようです。
当然そのままモーターを車両に戻しても、何の問題も無かったかのように普通に動きます。
 
念のためセルモーター交換するか、このまま様子を見るか、お客さんに相談したところ、様子を見るとのことでそのまま納車となりました。
 
posted by エアーズ at 22:49 | 作業日誌

シフトリンク

5月20日(土)
IMG_20170519_183759.jpg
 写真はジャイロキャノピー用試作エンジンにつけるシフトリンケージです。
この単体状態ならスムーズに機能してくれて気持良いシフトワークが期待されるのですが、実際にエンジンに付けてみると期待通りに動いてくれません。
色々微調整できるように改造したのでセッティングしているのですが、まだ不調の原因を掴めていません。
 
今日は手伝ってもらいながらエンジン上で動作を確認することが出来ました。しかしどうにも上手くいきません。
当初は快調に動いていたので何処かを上手く調整すれば作動ずるはずなのです。
 
また改めて、落ち着いて考察しなおします。
 
 
posted by エアーズ at 22:57 | 作業日誌

アストロの車検

5月19日(金)
IMG_20170519_161913.jpg
 1ヶ月近く入庫が続いているアストロですが、今日ようやく車検を取りに行ってきました。
今回は諸々の都合で横浜の車検場に行ってきました。
ライト周りに不安があったので、車検場に入る前に予備検屋さんに寄ることにしました。
 
予備検屋さんでライトをチェックしてもらうと、なんとLoビーム、Hiビーム共に適合値への調整不可で、「これ以上無理です。」とサジを投げられてしまいました。どこの予備検屋さんでも大抵のことは何とかしてくれるのですが、ギブアップされたのは初めてでした。
仕方が無いので出直すことにしました。
左右のレンズごと交換が必要で、部品の手配でまたしばらく入庫が続くことになってしまいました。
 
 
posted by エアーズ at 23:06 | 作業日誌

ジャイロキャノピー

5月18日(木)
IMG_20170518_144641.jpg
 加速が悪くなったと言うジャイロキャノピーが入庫しています。
いつもメンテさせていただいている車両で普段の調子は良く分かっているのですが、明らかに加速が鈍くなっていました。症状的にはいきなり高速ギアになって回転が上がっていかない感じです。
 
変速プーリーと遠心クラッチをチェックしてみましたが、最近交換したばかりなので問題は無さそうです。と言うことはエンジン自体なのか?今日は時間が足りなくて原因を突き止めることが出来ませんでした。
 
意外に結構な難問なのかも?
 
 
 
posted by エアーズ at 00:57 | 作業日誌

アストロの作業

5月16日(火)
IMG_20170516_115210.jpg
 車検に向けてマフラー交換等をしているアストロですが、昨日エキマニとフロントパイプを留めている6本のボルトをアセチレンを駆使して何とか外し、新規のマフラーに交換していました。
ポン付けだということでしたがそうは簡単にはいかず、リーフスプリングに干渉していました。
 
マフラーを外してカットなどしてちゃんと修理するとコストがかなりかかるので、またもやアセチレンを登場させて、あたる部分を熱して叩いて凹ませて対応することにしました。
ハンマーを入れるスペースが少なくて苦労しましたが、マフラーをはずすよりは数段楽に作業することができました。
これでマフラーは完了。タイヤとリアの車高維持のためのダンパー交換も完了。ブレーキランプが切れていたので交換すればいよいよ車検に行けるかと思ったら、テールランプのコネクタ取り付け部がなぜか溶けてしまっていました。
ここはテープでなんとかなりましたが、なぜ溶けていたのか?燃えた過去でも有るのでしょうか?
普段から面倒を見ていないアメ車は何が隠れているか分からないので、じっくり見直してから車検に行くことにします。
posted by エアーズ at 22:21 | 作業日誌

車検準備

5月14日(日)
IMG_20170514_171643.jpg
 入庫しているアストロの部品がようやく揃ったので、いよいよ車検に向けての作業が始まりました。
まずはつるつるになったタイヤの交換と、サビで穴が開いてダメになったマフラー交換です。
そのマフラー交換が大変な作業です。
触媒の直後からすぐに太鼓があり2本だしになっているのですが、このでっかいマフラーがホーシングの上を通っています。なのでマフラーを外すためにホーシングも下げなくてはいけないのです。
馬に上げての作業なので作業スペースも限られて部品も重たい、作業前から憂鬱になる仕事です。
写真のとおり太鼓から後は外れたのですが、フロントパイプも外す必要があります。
 
このフロントパイプを留めている6個のナットが、インチ工具でもミリ工具でもイマイチぴったりしない上に、硬くて緩みません。ネジがなめてしまうとインチサイズのネジは修復が厄介なので、慎重に進める必要があり、今日のところは緩められませんでした。明日再度じっくりと格闘します。
タイヤとマフラーだけで1日を終えてしまった今日でした。
 
 
posted by エアーズ at 23:14 | 作業日誌

シフトリンク部品

5月13日(土)
IMG_20170513_184111.jpg
 ジャイロキャノピー用試作エンジンの公道テストでシフトチェンジがスムーズに機能しなかったので、シフトリンクの部品を微調整しやすいようにしたものに作り変えることにしました。
作業日誌では何度か登場しているこの部品です。前回作った時と寸法的には変わりないのですが、溶接した部分をネジ止め出来るようにしたりして微調整を可能にしました。
 
写真の状態はまだまだ完成形ではありません。軸の部分をエンジン本体の部品に現物合わせをして位置決めをして、溶接して完成します。
 
まだまだクリアしないといけない問題が色々出てきてしまっているので、このギア問題は早く解決しておきたいですね。
 
 
posted by エアーズ at 23:48 | 作業日誌