ジャイロキャノピー・カスタムのデモカー

10月20日(日)
 貸し出ししていたエアーズのジャイロキャノピー・カスタム1号車、デモカーが戻ってきました。
ジャイロキャノピー・カスタムには多くのお問合せを頂いておりますが、デモカーが戻ってきたので実車確認できるようになりました。
ジャイロキャノピー・カスタムに興味をお持ちの皆様、お近くにいらした際は是非ご来店下さい。
posted by エアーズ at 20:46 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムの作業

10月18日(金)
 ジャイロキャノピー・カスタムの作業に専念できました。
ワイヤー延長でカットする必要がなくなったフロアなどを作り直すために、FRP型へのゲルコート塗りなどをしていました。
その後シートストッパーを作った後にシートのスポンジ成型を頑張りました。
結局時間切れで今日はシートの完成は出来ませんでしたが作業の簡素化のヒントを得たので、シートは綺麗に作れるでしょう。

 そうそう、明日19日は都合により午前中で工場は閉まりますので、よろしくお願いします。
posted by エアーズ at 22:13 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムのシート製作

10月17日(木)
2013_10170001.JPG ジャイロキャノピー・カスタムのシートはヘッドポジションを下げるためにアンコ抜きをして、更に背もたれ部分の延長をしなければいけません。
純正シートのスポンジをカットして、背もたれ部分はスポンジを追加します。

本当はシート用の発泡剤で1から作りたいのですが、散々調べてもシート用発泡剤が見つからないので、スポンジ材をカットして背もたれは作ります。
今回は中国製バイクのシートが余っていたので、そのスポンジを使って作っていくことにしました。

ちょっとずつ削って合わせていくので、今日は思うようには進みませんでした。明日にはできるかな?

シートができれば、あとはバッテリー台を作ってサイドカウルを作れば、ほとんど完成です!
posted by エアーズ at 00:49 | 作業日誌

ジャイロキャノピーの修理

10月16日(水)
2013_10160003.JPG 坂道を登らないとのことで入庫しているジャイロキャノピーの作業に、やっと手を付けられました。
マフラーの詰まりだた予想して先日マフラーを交換したジャイロキャノピーなのですが、マフラーでは解決せず、他を見てみる事になりました。

遠心クラッチ回りを確認してみると、写真のようにドライブシャフトからのオイル漏れが少し多いようです。オイルシールを交換してみることにしますが、それが坂を上らない原因とは考えにくいので他もあたっていきます。今日はカバーを開けるところまででしたので、プーリー回りをばらして確認してみます。

再入庫の際にプラグ不良を発見してプラグ交換で少し改善したので、点火系のチェックも合わせてしてみます。キャブレターも疑う余地が有りそうです。

簡単な機械なのに、予想外に大変なことになりそうです。
posted by エアーズ at 23:15 | 作業日誌

台風

10月15日(火)
 台風が近づいて来ています。
午後になって雨が徐々に強くなってきましたが、それ程の激しさはありません。でも天気予報では明日朝は直撃を受けるようなので、恐らく明日は工場を開けられるのは午後からになってしまうだろうと思っています。
強風で塗装ブースが飛ばないか、ちょっと心配・・・。
posted by エアーズ at 22:54 | 作業日誌

ハンダ付け

10月14日(月)
 昨日の加工物を順調に終わらせ、今日は恒例の電話機製作のハンダ付け作業に集中しました。
作業は順調に進み良い1日でしたが、作業の絵は面白くないので今日も写真は無しです。
電話機も早く終わらせ、ジャイロキャノピー・カスタムを完成させたいです。
posted by エアーズ at 23:17 | 作業日誌

旋盤作業

10月13日(日)
 納期が迫ってきた加工作業を始めました。
少数ロットの製品ですが、40個という数は自動機のないエアーズにとっては多いほうです。
とっても簡単な加工なのですが、5〜6時間旋盤の前に立ち続けることになりました。ちょっと疲れた。

作業完了まではいかなかったので、明日ちょっとのフライス加工と溶接で完成予定です。
posted by エアーズ at 22:37 | 作業日誌

今日もひとつ完了

10月12日(土)
2013_10120003.JPG 今日完了させることができたのはTP−02製作です。写真の状態はまだ完成ではなくて、研磨が残っているのですが、もう完成と言って良い状態です。
明日もまたひとつ作業を完了させて、TP−02の在庫も作り始めたいですね。

 今日、先日再会した物作りのお師匠さん的な方が来店してくれたので、今後の作業の効率化など色々相談に乗ってもらいました。
エアーズの作り物も新たなステージにステップアップができるかも!?

posted by エアーズ at 23:15 | 作業日誌

ひと作業終了

10月11日(金)
2013_10110004.JPG ひとつ作業を完了させることができました。そうです、GT−Rの漏電です。
余計に20mA流れていた原因が分かりました。

後付けメータが6個付けられているのですが、写真の2個がヒューズを介さないで配線されていて、そのうちのブースト計が10mAほど消費していました。
勝手な思い込みで別配線を見落としていました。
ブースト計のほかにもターボタイマーが2mAちょっと消費していました。

ブースト計はただのメーターなのでバックアプ電源をアクセサリー電源から供給、ターボタイマーはバックアップ電源にスイッチをつけて、2mAでももったいなようならOFFにできるようにしました。

これでステレオなどのアクセサリー電源と合わせて17mAほどで、ターボタイマーと合わせても20mA。目標だったのは10mAでしたが、日産からの情報では許容範囲のようなのでで大丈夫でしょう。
やっとひとつの作業が完了できました。
posted by エアーズ at 22:16 | 作業日誌

TP-02製作

10月10日(木)
2013_10100004.JPG 「ひとつひとつの作業を終わらせる。」と言いながら、今日はあえてTP−02製作です。
こちらも納期があるので確実に終わらせなくてはいけないのです。

写真はメインフランジの面だしのためにフライスにセットしたところです。
この作業が終われば完成は目前です!


 ところで、弊社にメールを頂いて、返信したメールが届いていないケースが出ているようです。
弊社に問合せなどメールをいただいた際には必ず返信しております。
もし問合せなどのメールを送っても返事か来ていないという方がいらっしゃいましたら、お手数ですが再送いただくか、工場までお電話をいただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。
posted by エアーズ at 00:27 | 作業日誌

GT-R

10月9日(水)
 ひとつひとつの作業を確実に終わらせていこうと今日取り組んだのは、GT−Rの漏電です。

バッテリー直の後付配線には電流が流れていないので、純正配線を中心にチェックです。スターターやヘッドライト、テールライトなどなどをチェック。
室内、エンジンルーム、トランクそれそれにあるヒューズボックスのヒューズとリレーを1つずつ外してチェック。
それでも17〜20mAの電流が流れています。
自動車の配線でリレーを介さないで繋がっている配線があるとは思えないので、各配線全部で少しずつ流れる総量が17mAなのか?
配線図がないのでヒューズ位置をメモして、全ヒューズをいっぺんに外してみるか?

いずれにしても、今日はひとつの作業を完了させることはできませんでした・・・。
posted by エアーズ at 22:52 | 作業日誌

急ぎ仕事

10月8日(火)
 午前中に品川陸事にトヨエースの車検に行き、お昼から恒例のハンダ付け作業をしていると、お得意様から急ぎ作業の依頼が入りました。
急遽予定変更でステンレス材料を切ったり、穴あけたり、削ったりと、格闘が始まりました。
作業は無事に終わりましたが詰まっている作業が更にきつくなってきました。

やらなくてはいけない作業が山積みになってしまっているので、ひとつひとつ確実に終わらせていくよう、明日からも頑張っていきます!
posted by エアーズ at 22:36 | 作業日誌

漏電のGT−R

10月7日(月)
2013_10070003.JPG 先日漏電修理をしたGT−Rがまた戻ってきています。ちゃんと直っていませんでした。
前回はセキュリティーが原因だろうという事でセキュリティーを外し、時間経過と電圧降下を見て作業したのですが、それではダメだったので今回は電流計を用意してチェックします。

 今回電動アンテナが曲がって途中で引っかかっていたので、これが原因だろうと思っていたのですが、そうではありませんでした。
電流計をつなぐと50mA弱流れていて、調べてみると社外のアテーサコントロールらしきものが15mAほど消費していました。
純正状態がわからないので仕方なくリレーで対応して解決です。それでも30mAほど消費しています。ヒューズボックスのヒューズを全部外して確認すると、ステレオや時計は10mA程です。しそれらを外しても17mA消費しています。
ECUを外しても、電動アンテナを外しても17mAはゼロになりません。
何が電流を流しているのだろう?ヒューズを外しても変わらないので不思議です。

今日のところは原因不明のままです。ちょっと苦労する予感かな?
posted by エアーズ at 23:58 | 作業日誌

サンバートラック純正幌

10月5日(土)
2013_10050001.JPG サンバートラック純正幌のフレーム修理作業。
スライド式幌のフレームのスライド部分が強度不足で開いてしまい、レールから金具が外れてしまうようになっています。
開いてしまった部分を元に戻し、たった4箇所しかないスポット溶接を6〜8個のスポット増しをして補強しました。
レールのほかにも曲がっていてる天井パイプや金具を直し、サビ止め塗装をして完成です。

強度が足りないのか? 取扱が乱暴なのか? 大事に使ってくださいね!

posted by エアーズ at 22:21 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムのワイヤー延長

10月3日(木)
 これまで作ってきたジャイロキャノピー・カスタムは、アクセル、リアブレーキの、パーキングブレーキの3本のワイヤーがフロアーに出ていました。
ワイヤーを延長することが意外に難しいのでそうなっていたのですが、今回から延長して中に隠すことにしました。
これはワイヤー留めの金具再生方法を先輩から伝授してもらったからです。
その作業をリアブレーキワイヤーに頑張ってやってみたのですが、材質などの相性でなかなか上手くいかず、今日は完成させられませんでした。でも大体の見通しは立ったので、明日には延長できるでしょう。

パーキングブレーキとアクセルは他の手で解決。滞っていたジャイロキャノピー・カスタム製作も、フィニッシュが近づいてきた予感です。
posted by エアーズ at 00:13 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムの内装

10月1日(火)
2013_10010002.JPG 写真はちょっとピンボケになってしまいましたが、先日作ったジャイロキャノピー・カスタムの内装をフィッティングしました。大体の位置決めはできて、切れてしまっていたナットリベットを買ってくればすぐに本留めできます。

そのほかアクセルワイヤーやリアブレーキワイヤーなどの延長方法を検討していたら、時間はどんどん過ぎてしまいました。
でもここまで進めば、時間ばかりかかっていたこのジャイロキャノピー・カスタムの完成はカウントダウンが始まったようなもんです!

posted by エアーズ at 23:54 | 作業日誌

やっぱり簡単にはいきません。

9月29日(日)
2013_09290003.JPG Jeepのオイルドレンボルトの修理。ヘリサートでサクッと修理するつもりだったのですが、やっぱりそう簡単にはいきませんでした。
オイルパン内部のネジ部が鉄板をプレスした薄い板でできていて、下穴を開けたら無くなってしまいました。
仕方が無いので結局オイルパンを取り外して修理になりました。





2013_09290004.JPG まずはドレンボルトを手配して、それに合うアダプターを旋盤で作り、オイルパンに溶接します。
通常ならこれで完成ですが、古い車はそうはいきません。







2013_09290006.JPG 古い車なのでサビが出ているのです。そのため塗装とサビをサンダーで削っていきます。
ひたすら削った後にサフェーサーを塗ったあとの写真です。
この後ウレタン塗装で黒く塗って完成です。

サクッと終わらせるつもりが丸々1日仕事になってしまいました。




posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌

Jeep 作業開始

9月28日(土)
2013_09280003.JPG 今週続いていた塗装作業が今夕ようやく終わらせることができたので、Jeepの作業が始まりました。
今回のJeepはそれほど大きな作業ではないのですが、古い車は色々出てきます。

 まずはガソリン漏れ。今回のメインの修理で、燃料ホースが写真のように劣化して漏れていました。
当然漏れ部分だけでなく、燃料ホース全部を交換します。
これで燃料漏れは解決です。




2013_09280002.JPG 次にオイル交換。オイルを抜こうとオイルパンをのぞいてみると、写真のようにドレンからオイルがにじんでいます。
ドレンボルトを外すと、ボルトは少し緩んでいて怪しい感じです。
オイルを抜いた後に締めこんでみると、不安的中でネジ部がなめはじめていました。
このままではダメですが、対策は明日の作業です。

オイルパン交換!?っと驚く無かれ。ネジをヘリサーとで再生すれば大丈夫でしょう。
サクッと修理できるでしょう。



posted by エアーズ at 21:38 | 作業日誌

懐かしい

9月27日(金)
 お客さんの車を引き取りに町田まで行った帰りに、知り合いのメカニックさんの工場を訪ねて来ました。
まだ10代のころに4輪レースをやりたくて、FJ1600を購入のためにアルバイトに励んでいた頃から出入りさせてもらっていたレーシングカーメーカーのメカニックだった方で、先日突然工場に電話をいただき懐かしくて会いに行って来ました。

FJ1600が欲しくて毎週のように工場に遊びに行っていて、このメカさんが溶接作業をしている姿を見ていて溶接に興味をもったので、今の仕事の原点のような方なのです。だからおよそ25年ぶりに連絡をいただけたのはとても嬉しかったので、早く訪ねたいと思っていました。
訪ねてみて懐かしいのは勿論ですが、ものづくり職人のエキスパートなので、目からウロコの話が沢山聞けました。
まだまだ工作について知らないことが多いものだなぁと実感しました。

今後のエキマニ、マフラーなどの製作に、とてもためになる懐かしい再会でした。そしてなんだかまた溶接している後姿が見たくなりました。
posted by エアーズ at 22:22 | 作業日誌

ちょっとずつ沢山

9月26日(木)
 塗装作業に追われながら、他にも詰まっている作業をしなくてはいけません。
塗装以外の作業はJeepの燃料ホース交換とTP−02製作です。
Jeepはそのほかにも作業が有るので完了とはいきませんが、TP−02は研磨を残して完成しました。
ただ遮熱板まで作る時間が無かったので、明日遮熱板製作を終わらせて、ひと作業を完結させるつもりです。
塗装も明日で終わらせられるかな?
posted by エアーズ at 00:42 | 作業日誌