ジェイド250

7月12日(水)
IMG_20170712_115217.jpg
 ジェイド250にセパハンを付けているのですが、それに伴いトップブリッジをフラットな形状のものに変える作業をしています。
純正をカットしてフラットにすると肉抜きしてある部分に大きく穴が空いてしまうので、ネットで調べてVTZ250のトップブリッジがポン付けできるとあったので、それを手に入れました。
 
トップ部分だけ手に入れたのですが、微妙に寸法が違ってポン付けできません。上下セットでないとポン付けできないのだと理解して、再度上下セットで手に入れました。
しかしVTZ用のシャフトは短く、上下セットでもジェイドには付きません。
まぁネットの情報なんてこんなものですから、改造して付けることにしました。
 
写真はVTZのシャフトをカットしたもので、そこに旋盤で作った写真下の40mm延長アダプターを溶接します。簡単な改造ですぐに仕上がりましたが、ポン付けの予定が随分と余計に手間がかかってしまったものです。
 
 
posted by エアーズ at 22:30 | 作業日誌

車検

7月11日(火)
IMG_20170711_155957.jpg
 今日はランサーEvo10の車検を取ってきました。
一部車検不適合な部分が有るものの簡単な作業で適合させられるので、今日は半日仕事の予定でした。
しかしながらうっかり見落としていた部分が有り出直しを強いられたので、1日仕事となってしまいました。
 
車検場から工場に戻って、時間に追われながら暑さの中作業していたので、今日はすっかりバテバテです。
でも車検の方は無事に取得でき、一安心といったところです。
 
それにしても急に暑さが増してきたので、毎日汗だくで大変です!
 
 
posted by エアーズ at 22:43 | 作業日誌

アルミフレーム

7月10日(月)
IMG_20170710_114356.jpg
 ポルシェのタルガトップのフレーム修理。
幌のメインフレームフレームの右側がポッキリ折れていて、外して溶接修理をします。
 
フレームと幌とが接着剤でくっついていたりで分解は面倒なのですが、一度外した形跡があったのでその分楽に外すことが出来ました。
このアルミ鋳造部品を溶接するために、最近教えてもらったアルミ鋳造品に適した溶接棒を手配して溶接をします。
溶接部分を綺麗にして、更に奥まで溶けるように角を削って溶接をします。
やたらと高価な溶接棒を使った気持のせいか、なんだか上手くしっかり着いた気がします。
 
次は幌をフレームに接着しなおす作業が待っています。
 
 
posted by エアーズ at 22:23 | 作業日誌

油圧シリンダー

7月7日(金)
IMG_20170707_134650.jpg
 入荷待ちをしていたオイルシールが届き、いよいよインパラのハイドロシステムの組立が始まりました。
オーバーホールは済んでいたので、ただ組み立てるだけです。
組上げはすぐに終わり動作確認したところ、フロントがどうも上手く動きません。ポンプもラインもモーターも、どれもチェック済みなのになぜ? どうもフロントの油圧シリンダーが途中で引っかかって動いていないようです。
 
よくよく調べてみると、フロント油圧シリンダーの取付角度がアームのスプリングマウントと合わず、伸びようとするとストレスがかかってしまうようです。
原因はアッパーアームの取付部品がシリンダーに干渉していることのようです。納得いく形に修正するにはかなりの大作業になってコストもかかるので、ボディ側を削ってギリギリ許せる範囲に修正することにします。
 
とりあえずはこの修正で大丈夫そうですが、使用頻度が高い使い方をするならば、ちゃんと大改造をしたいところですね。
 
 
posted by エアーズ at 23:04 | 作業日誌

重傷

7月6日(木)
IMG_20170706_114324.jpg
 幌が閉まらなくなって入庫しているポルシェの修理。
幌開閉用のギアボックスの取付ネジ穴を修理して、開閉を試みました。
ちゃんと動くようになったのですが、全閉にした時に左右が上手く合わず原因を調べてみると、なんとメインのフレームが折れていました。重傷です。
ちょっと分かりにくいですが写真の中心あたりが折れた部分で、幌のセンターのアルミ鋳物のフレームがポッキリいっていました。
バキッっといって動かなくなったというその音の原因がこれだったのでしょう。
新品交換は調べるまでも無く部品が高額だと思われるので、溶接して直すことにしました。
いずれにしても幌を外さなくちゃいけないので、大作業なのは変わりないですね。
 
posted by エアーズ at 00:30 | 作業日誌

また出戻り

7月5日(水)
IMG_20170705_132500.jpg
 先日納車したばかりのポルシェが、また戻ってきてしまいました。
今度は電動の幌が、バキッという音と共に閉まらなくなったとの事です。昨日の夜のことで、台風が来る前ギリギリで屋根付きのガレージに非難できたそうです。
 
今朝引き取りに行って乗ってきました。
幌はモーターからのワイヤーが折れたのか?インナーワイヤーが短くなっていました。ワイヤー交換になるかと思いましたが、アウターワイヤーをカットして修理できました。
今回は左側のワイヤーでしたが右側もワイヤーのかかりが僅かだったので、同じように修正しておきました。
幌用のギアボックスのボディ側の取付ナットがダメになっていたので、明日ネジ修理をして完成予定です。
 
 今回は幌よりも大きな問題がありました。引き取りで乗って来るときの油温が高すぎるのです。レッドゾーン手前ギリギリまで上がってしまい、そのせいで油圧も下がってしまいます。
オイルクーラーのファンが回っていないのか?サーモスタットがダメなのか?それとも油温センサー?
いずれにしても、こちらの方が大問題です。古い車は次から次へと問題が出てきますね。
 
 
posted by エアーズ at 22:26 | 作業日誌

旋盤

7月4日(火)
IMG_20170704_181041.jpg
 旋盤工場をしている先輩から、小型旋盤を譲ってもらえることになりました。
一番小さな旋盤で小物を作る時にたまに使っていた旋盤だということですが、エアーズにしてみればかなりの大型旋盤です。譲り受けるためには工場内を相当片付けなくてはいけません。いい機会なので、しっかり片付して引き取りに行きたいと思います。
 
これぐらいの機械があれば、旋盤作業はかなり楽になるはずです。ちょっと楽しみです。
 
 
 
 
 
posted by エアーズ at 22:15 | 作業日誌

ハイドロシステム

7月3日(月)
IMG_20170703_172147.jpg
 インパラのハイドロシステムのオイル漏れの対策でオイルシールを注文してあるのですが、一向に入荷しません。入荷するまでの間に、全体をチェックしておきます。
 
リアユニットはオイル漏れ以外は作動確認できていましたが、フロントユニットはモーター交換しても動いていませんでした。
フロントユニットももう一度分解して、オイルシリンダー、オイルライン、バルブ、オイルポンプ、それぞれの部品をチェックしなおしました。
フロントのオイルシリンダーの動きが怪しかった以外は特に問題なく、ラインは清掃し、ポンプは単独で動作チェックして問題なしです。
やはりフロントシリンダー周りの問題でダメだったのでしょう。
後はオイルシールが来たら、組上げて完成予定です。
 
 
posted by エアーズ at 22:58 | 作業日誌

TP-02製作

6月30日(金)
IMG_20170630_180924.jpg
 ポルシェやインパラの作業が続く中、サンバー用等長エキマニTP-02の製作もしています。
本日ポルシェが納車できたので、TP-02製作も少し多めに時間を使うことが出来るようになって来ました。
 
今回は3本ロットで作っていますが、そのまますぐ更に2本分の材料を手配して製作を進める予定です。
沢山作っていく予定なので、入庫中のインパラを早く仕上げて納車して、集中作業できるようにしたいですね。
頑張ってひとつひとつ終わらせていきます!
 
 
 
 
posted by エアーズ at 21:22 | 作業日誌

アース不良

6月29日(木)
IMG_20170629_101907.jpg
 ポルシェが路上で止まった原因を探ってきて、燃料系は問題では無かったので電気系を探っていました。
その中でバッテリーのマイナス線が延長されていて、その辺が怪しいと調べていました。
そして判明したのが、延長されている配線が問題ではなく、追加されていたバッテリー端子が問題だったことが分かりました。
写真の緑色のハンドルがマイナス線のON−OFFスイッチの役目をしているもので、その接触が悪くてアース不良を起こしていました。大元の部分なので、ここがダメだと全ての電装品がダメになります。
意外に簡単なところだったので、もっと早く見つけられれば良かったと思うばかりです。
 
 
 
posted by エアーズ at 00:40 | 作業日誌

車検

6月28日(水)
IMG_20170627_105446.jpg
 EP3シビックType-Rの車検を取りに行ってきました。エアーズの積載車も車検の時期なので、シビックを積んで2台まとめて車検を取ってきました。
 
シビックは事前にナックルのブーツ交換をしておきましたが、その他に古い車でありがちなライトのレンズ磨きもしておきました。
写真左が磨いたレンズで、右が曇った状態です。古くなってレンズが曇ってくると光量が足りなくなって、車検に通らなくなることが多々あります。そんな時はボディーを磨くのと同じようにライトのレンズにバフをかけます。
 
ということで、2台揃って問題なく車検取得の1日となりました。
 
 
posted by エアーズ at 22:40 | 作業日誌

ポルシェの燃料系

6月27日(火)
IMG_20170627_141423.jpg
 注文してあった燃料ホースが入荷してきたので、ポルシェの燃料系の組み上げが始まりました。
ゴムの燃料ホースは劣化して、すっかりプラスチックと化していました。
フィルター類は全交換ですが、燃料ポンプは純正はあまりに高額で社外品の良さげな物は在庫切れで手に入らず、見た目にもきれいな上に動作確認で問題無さそうなので、ポンプだけは再使用することにしました。
 
燃料系が仕上がったので、電気系の問題探しに移ります。
 
 
 
 
posted by エアーズ at 22:55 | 作業日誌

オイル漏れ

6月26日(月)
IMG_20170626_182722.jpg
 インパラのハイドロシステムからオイル漏れしていた原因が分かりました。
写真がハイドロの油圧ポンプなのですが、ポンプの軸根元の黒い部分がオイルシールなのですが、写真の中心あたりの部分が完全に変形していました。
インチサイズの上に随分特殊な形のオイルシールのようで、簡単には手に入りそうにありません。なんとか国産のものを流用して代用できないか考え中です。
 
期待しているサイズの国産オイルシールが見つかれば、1発で直るのですが・・・。
 
 
 
 
posted by エアーズ at 23:00 | 作業日誌

油圧シリンダー

6月24日(土)
IMG_20170624_142040.jpg
 写真はインパラのハイドロシステムの油圧シリンダーです。
取付方法がどうしても許せない状態だったので、オイル漏れの確認ついでに外してチェックしてみました。
 
幸いオイル漏れは大丈夫だったのですが、取付方法は問題万歳で、シリンダー中ほどの白っぽい部分が金属同士がこすれて削れていました。動いてはいけない部分が動いているようです。
ちゃんと取付られるようにするにはコストがかかりそうなので、せめて許せる範囲内で固定できるようにする加工を考えています。
 
まだまだこの車両は他にも問題が出てきそうな予感です。
 
 
posted by エアーズ at 22:54 | 作業日誌

ポルシェの作業

6月23日(金)
IMG_20170623_144441.jpg
 先日路上で止まってしまったポルシェの作業です。
止まってしまった根本的な原因は電気系だと思われるのですが、燃料系も怪しかったのでフィルターを交換しました。
写真のものと燃料タンクに付いているものの2つを交換したのですが、予想に反してそれ程悪い状況にはなっていませんでした。
燃料系の作業が終わったら、本格的に電気系の原因究明です。
よく壊れると評判のリレーなど、怪しいところは全部交換していきます。
 
 
 
posted by エアーズ at 22:06 | 作業日誌

ハイドロシステム

6月22日(木)
IMG_20170622_151654.jpg
 ハイドロシステムの付いたインパラが板金作業から帰ってきて、ようやくこのハイドロシステムの考察が出来るようになりました。
 
なぜこんな配線なのか?っと思う部分もあったりするのですが、調べてみるとこれで良いようです。写真がリア用のポンプ部分で、フロントと合わせて2個のシステムが付いています。
作動油を手に入れてテストで動かしてみると、リアポンプは動くものの、フロント用ポンプはモーターが動きません。リア用はポンプユニットのブロックからオイルがダダ漏れです。
 
モーターのオーバーホールやポンプブロックのシール類などの入手、可能なのかどうか、分解してみないと分かりませんが、前後ともユニットを全部ばらさないといけないようです。
見たことないシステムなので、ばらしていくと次から次へと問題が出てきそうで怖いです・・・。
 
 
posted by エアーズ at 00:51 | 作業日誌

トラックの車検

6月21日(水)
IMG_20170621_180104.jpg
 去年、エアタンクやクレーンの油圧系統を修理したトラックの車検に行ってきました。
このトラックは山梨県においてあるので、朝から富士吉田に引き取りに行って、代行車検で車検を取ってからまた富士吉田に返す流れです。
 
かなり古いトラックなのですが、去年の一連の作業で操作性が格段にスムーズになり、乗り易い快適なトラックになっています。なので今日の大雨の中でも快適ドライブで車検に行くことが出来ました。
 
富士吉田に帰る頃は6時を回っていたのですが、雨も止んで夏至の夕陽がさしていて、なんだか良い気分でした。
 
posted by エアーズ at 22:39 | 作業日誌

出戻り

6月20日(火)
IMG_20170620_100822.jpg
 土曜日にようやく納車できたポルシェですが、出戻りとなってしまいました。
昨日路上で止まってしまったとの事で、引き取ってきたのです。
 
引き取り時にはエンジンはかかるもののアクセルを吹かしていないと止まってしまい、積載車に積むのがやっとという状態でした。
しかし今日積載車から降ろす時は普通にエンジン始動でき、駐車場内の移動も全く普通に出来てしまいます。
これは困ったパターンかなと思われそうですが、路上で止まった状況などと総合的に考えるとある程度の予想がつきます。
予想が的中してスムーズに修理が出来ると良いですね。
 
 
posted by エアーズ at 23:06 | 作業日誌

原因判明

6月19日(月)
IMG_20170619_104712.jpg
 土曜日にポルシェが出庫して行ったので作業スペースが確保でき、長く入庫しているジャイロキャノピーのエンジン不調の原因究明作業を本格的に進めることが出来ました。
 
駆動系とキャブレターは何度もチェックして、リードバルブの不具合を発見して修理もしましたが、まだ改善しませんでした。
マフラー出口も問題なしで、エキマニとマフラーの確認できる範囲の問題もありません。
残るはシリンダーですが、始動性やアイドリングの安定から焼付きは考えにくいと思っていましたが、開けてみることにしました。
すると写真のような状態になっていました。排気ポートにカーボンが詰まっていて、排気ポート面積が半分以下になってしまっていました。完全に予想外の症状でした。こうなっていたら不調になって当たり前です。
明日丁寧に組上げて完成予定です。
 
 
posted by エアーズ at 23:38 | 作業日誌

ポルシェのプラグ交換

6月16日(金)
IMG_20170614_171943.jpg
 ポルシェ964が入庫してプラグ交換しようとした時、周りから「エンジン降ろさないと何も出来ないんだよね。」と言われていて諦めていたのですが、実際に車両を良く見てみるとそんな事は無さそうです。不確かな情報を鵜呑みにしてはいけませんね。ということでプラグ交換することにしました。
 
6気筒のエンジンでプラグは12本付いています。左右のバンクともエンジンルームの上から3本、下から3本交換します。
工具が入りにくかったり触媒やカバーを外さなくてはいけなかったりと手間はかかりましたが、無事に交換完了です。
これでいよいよポルシェの作業も終わりが近づきました。
 
 
posted by エアーズ at 22:24 | 作業日誌