TP-02製作

8月16日(土)
 ジャイロキャノピー・カスタムやJeepなどやりたい作業は山積みなのですが、部品が入庫せずに1歩も進めません。
そんな時に集中してできるのがTP-02の製作です。
材料の切り出しと集合部の組立は終わっていて溶接していくだけになっていたのですが、他の作業に追われてストップしていました。
その組立をしていきます。
工場に冷房は無く、溶接作業には扇風機の風もあてられないので暑さとの戦いです。
明日も部品が入荷する予定はないので、TP-02の製作が進むことでしょう。
少し涼しいと助かるなぁ。
 
 
posted by エアーズ at 22:25 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムの電装系トラブル

8月13日(水)
2014_08130003.JPG
 入庫中のジャイロキャノピー・カスタムの電装系トラブルを解決すべく、一昨日からずーっと考えています。
配線はもう何十回と確認して、やっぱり問題は無さそう。レクチファイアも新品交換してもやはり変化なし。
 
こうも変わらないと、壊れるようなものでは無いと高をくくっていたジェネレーターも変えてみないといけません。
タイプ違いではありますが手持ちのコイルを全波整流用に改造して、マグネットホイールと共に交換してみました。
その結果は全く変化なしです。やはり問題はバッテリーのような気がしてきました。
バッテリーは安物の4倍以上の価格の物をすでに注文済みですが、夏休みのせいかまだ入荷してきません。
バッテリーで解決してしくれれば簡単ですが、何だか複雑な気持にもなってしまいそうです・・・。
 
 
posted by エアーズ at 22:35 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムの作業

8月11日(月)
 先日納車したジャイロキャノピー・カスタムが、電気系の問題で入庫しています。
全波整流への改造をしていたのですが、どうもそれがうまく機能しません。
 
改造直後はアイドリング時で14Vの電圧があったのですが、そこまで上がらなくなっています。
何度も配線をチェックしましたが問題が無いと思われます。レクチがパンクしたのかと新品交換してみても状況に変化なし。
ただ、バッテリーを色々変えてみると変化が出ます。
死んでいるバッテリーをつけるとアイドリングで9〜10Vで、回転をあげると7Vほどまで落ちてしまいます。比較的新しいバッテリーを使うとアイドリング時はバッテリー電圧とほとんど変わりは無いのですが、回転をあげれば13Vほどまで上がります。
それでもまだ低いので、明日もじっくり解析していきます。
 
電気は目に見えないので難しいですね。
 
 
posted by エアーズ at 22:23 | 作業日誌

オルタネーター

8月8日(金)
2014_08080001.JPG Jeepの電気トラブルを検証した結果、どうもオルタネーターとバッテリーの能力が前期負荷より劣っているのではないかと思われます。
現在着いているものの能力を見るために型番を見ようとしたのですが、奥にあって良く見えません。外して確認してみると、エンブレムの印刷がほとんど消えていて結局良く見えません。
このオルタネーターがどれぐらいの能力で、どの程度上のものを使えば良いのか?お盆に入って情報収集が難しくなるので、調べるのは困難になるかも?
 
ただ昨年まで問題が無かったことを考えると、オルタネーターもバッテリーも劣化しただけで、純正新品に変えるだけで解決するのかも?っとも考えます。
とりあえず、ますはこのオルタネーターの情報収集です。
 
 
posted by エアーズ at 22:14 | 作業日誌

2台の納車

8月6日(水)
 車高調を取り付けて、ダメになっていたボルトも入庫してようやく完成したアルトワークスの納車に向かいました。
納車に向かう道をしばらく走っていてふと気づくと、スピーメーターが動いていない!車検を取ったばかりなので当然動いていたメーターです。
古い車でワイヤー式のようなので、ワイヤーが切れたのでしょう。
仕方ないのでUターン。工場に戻って部品の注文です。
 
 今度はJeepを納車です。こちらは漏電の現象確認ができずに、様子見と言うことで戻します。
快調に走って納車に向かっていたところ、1時間ほど走ったところでラジオが突然消えてしまいました。すぐに復活したのですが信号待ちの度に消えてしまい、そのときの電圧計をみると10Vほどに下がっています。
エアコンを切ると電圧降下は起きないようですが、オーナーの話によるとエアコンを使っていなくても同じ症状が出るそうです。
エアコンの電動ファン、ブロアモーター、それともマグネットクラッチが悪いのか? それともオルタネーターの能力が落ちるのか?
結局この電圧降下がバッテリーあがりの原因と思われるので、再度工場に持ち込んで調べることになりました。
 
2台納車にトライしましたが、2台とも出戻りになってしまいました。どちらも古い車ですから、こういうこともありますね。
 
 
posted by エアーズ at 22:27 | 作業日誌

塗装

8月5日(火)
 今回の塗装作業はやや量があるので、今日1日では終わりません。明日も専念できれば明日には終わりそうですが、アルトワークスの部品が入庫したら早く仕上げてしまいたいので、明日の予定は部品次第と言うことです。
今週末は鈴鹿に走りに行くつもりでしたがキャンセルして、頑張って溜まっている作業をこなしていくことにしました。
ガンバラナクテハ!
 
 
posted by エアーズ at 22:15 | 作業日誌

電気トラブル

8月4日(月)
 先日納車したJeepが戻ってきました。
漏電しているようで一晩でバッテリーがあがったということです。以前からステレオに不安があったので、工場で詳しく見てみようとという事での入庫です。
 
工場で色々テストしてバッテリーの放電テスト、オルタネーターの充電テストなど問題なく、テスターでの漏電も確認できませんでした。ステレオの配線周りのショートなども目視で見てみましたが、問題発見には至りません。問題がないと返って問題です。少し頭を冷やして検討してみることにしました。
 
 電気トラブルと言えばジャイロキャノピー・カスタムも電気トラブルで入庫しています。
全波税流したものが充電電圧が上がらず、こちらもバッテリーがあがってしまうと言うものです。
テスターで当ってみると最大で12V、最小で7V程度になったりします。状態が安定しないので、症状をもう少し詳しく把握してから部品をひとつずつ変えて原因を確定しようと思っています。
 
 どちらの電気トラブルも原因がハッキリしていなくて気持悪い状態です。本当に電気トラブルは解決が難しいものです。
 
 
posted by エアーズ at 21:48 | 作業日誌

アルトワークスの車高調

8月3日(日)
2014_08030001.JPG もう1ヶ月も入庫が続いているアルトワークス。長引いている原因はフロントのショックアブソーバーが抜けているので、良さそうなショックアブソーバー探していたからです。
リア用はいくらでもあるのですが、フロント用は車高を落としたいためにストローク確保が難しくてなかなか良さそうな物が見つかりません。
 
仕方が無いので予算を増やして車高調を入れることにして注文したのが左の写真のものです。
無事に装着してあと外したフロントショックを見てみると、もはや伸縮するただの棒になっていました。全くショックアブソーバーの役目を果たしていなかったので、これで走りはかなり良くなるでしょう。
 
 
 
posted by エアーズ at 22:16 | 作業日誌

塗装ガン

8月2日(土)
 暑い中、朝から塗装作業に励んでいました。遅くまで残業になって疲れてしまいましたが、なんとか終わらせることができました。
でも今日の作業日誌の話は塗装を始める前の話。
 
塗装ガンは作業終了語に簡単に洗って、カップにシンナーを入れて僅かにでも残っている塗料が固まらないようにしておきます。
今朝塗装を始めようとガンのカップを開けてみると、なんとカップのシンナーが固まっているではないですか!?
シンナーが固まるはずも無く、良く見るとクリアーの塗料が固まっていました。前回Jeepのフロアを塗った後、最後になぜかシンナーと残ったクリアーを間違えて入れてしまったようです。
 
うっかりミスでガンをひとつダメにしてしまいました・・・。
 
 
posted by エアーズ at 00:12 | 作業日誌

8月1日(金)
 加工、組立、塗装などルーティンの仕事が詰まっているので、暑さの中頑張って加工&組立仕事に精を出していました。
一区切り付くところまで終わらせて納品できるものは納品してしまおうと思って頑張りました。
 
作業は順調に進み一区切り付くところまで終わらせることができたのですが、夜になって急に天気が怪しくなってきました。
遠くで雷は鳴っているし黒い雲も空を埋めてしまいました。
今日納品に使える車は軽トラックだけで荷物は段ボール箱入りなので、雨が降っては納品できません。
結局雨が降り始めたので納品は延期です。せっかく頑張って仕上げたのに・・・。
 
 
posted by エアーズ at 23:24 | 作業日誌

ナット外し

7月30日(水)
2014_07300002.JPG ワイドスペーサーを留めていたナットがなめて締まったので外して欲しいとの依頼です。
見てみると固定用ナットが2個、完全になめていました。
小さめの工具などを叩き込んでトライしてみましたが、つるつるになめてしまっていて全く工具に噛んでくれません。
外れたナットもインパクトでやっと外れるぐらいのオーバートルクで締まっていたので、タガネで叩いたぐらいでは当然のように緩みません。
 
仕方ないのでスペーサーをカットして、ナットをスペーサーごと回すことにしました。その結果のスペーサーが左の写真です。
こんなことにならないように、ホイールナットを初め、ボルト&ナットの締めすぎにはご注意下さい。
 
 
posted by エアーズ at 22:57 | 作業日誌

ジャイロキャノピー・カスタムのFRPパーツ

7月29日(火)
 今日、専門業者にお願いしていたジャイロキャノピー・カスタムのFRP製カウル類が納品されました。
同じ型から作っているとは思えないほど良い出来です。
特に型の修正をしてもらったルーフにいたっては、驚くほどのクオリティで仕上げてきてもらいました。さすが!腕にほれ込んだ職人さんだけあります。
早速組立を始めようと思います!
 
 
posted by エアーズ at 22:36 | 作業日誌

BMWの車検

7月28日(月)
 BMWの車検に行って来ました。
BMWは特例車両になっていて車検で許されている範囲以上にトーインになっている車両が多くて、今日も当然のようにサイドスリップテストで引っかかってしまいました。
申告して検査員さんに調べてもらったのですが、特例リストにこの車両の型式が入っていませんでした。
検査員さんによると、BMWはリストに入っていない車両も多いそうです。
仕方が無いので予備検屋さんで調整して、無事に車検取得です。
 
今日は陸事が混んでいたので、2回ラインに並んだおかげで午前中丸々時間を使ってしまいました。
まぁ、こういうこともあるもんです。
 
 
posted by エアーズ at 22:47 | 作業日誌

暑さと雨

7月27日(日)
 連日続く暑い日ですが、今日もまた猛暑日となる中Jeepのフロア修理をしています。
フロアの鉄板を溶接して、余分なビードを削っていきます。薄い鉄板なので所によっては溶接で穴が開いてしまうので、その穴を塞いでまた綺麗にしていきます。
暑くて効率的に進まないながら、なんとか溶接は終了。削ってから所々にシーラーでを塗って整えます。
 
おおよそ形になったのでサフェーサーを吹くために車両を外に出そうとすると、なにやら風邪が強くなってきて空も暗くなってきました。
間もなく大雨が降り始め、しばらくその雨を眺めるしかできませんでした。
雨はそれ程長くは続かず止んだのですが、サフェーサーを吹くには時間切れでした。
 
暑さと雨に邪魔された1日となってしまいました。
 
 
posted by エアーズ at 21:39 | 作業日誌

フロア修理

7月25日(金)
2014_07250001.JPG 入庫中のJeepはかなり古い車両なので、助手席のフロアが錆びて腐ってしまっています。
ドライバーで突付くだけで穴が開いてしまうので、修理することになりました。
 
とりあえず錆びた部分をざっくり切り取ったのが左の写真です。
ここに板を着けるのですが、ステンレスやアルミの板をリベットで付ける案と、鉄板を溶接する案で悩んでいました。
暑さに苦しみながら悩んだ結果、鉄板を溶接する案でいこうと決めました。
鉄板の切り出しと穴に合わせての削りで今日の作業は終了です。結構難しい作業になりそうです。
 
 それにしても今日は暑くて仕事になりませんでした。その上更に足が痛くて、2重苦での作業効率低下です。
暑いのは工場に冷房が無いためで、工場はこんなものなのかも? 足が痛いのはヘボキックボクサーが練習でローキックを蹴られるからです。こんな痛いこともある趣味ですが、いい歳になってもこれはやめられませんね。
 
 
 
posted by エアーズ at 21:44 | 作業日誌

Jeepの作業開始

7月23日(水)
2014_07230002.JPG
 入庫中のJeepの作業が始まりました。
まずはエアコン(クーラー)からです。数年前にオペルのエアコンを移植してからクーラーは効いていたようですが、毎年ガスを足さなくてはいけませんでした。今年は特に抜けが激しかったようで、ほとんどガスがのこっていませんでした。
 
配管の汚れ具合からガス漏れ箇所のあたりをつけて、クラックチェッカーでテストしているのが左の写真です。
とても小さなピンホールなので、クラックチェックしても「ここかな?」って感じです。
その怪しい部分を溶接して、またチェックを繰り返します。
溶接しては覚ましてチェック。怪しいかな?っと思えばまた溶接。3〜4回繰り返してようやく納得いく状態になりました。これできっと大丈夫ですが、確実だと分かるのはまた来年です。
 
 この作業と同じ事をスーパーFJのオイルパンでもやらなくてはいけないのです。もうすぐで丸1年動かしていないことになってしまいます。
スーパーFJに乗るためにも、こちらも早く溶接したいです!
 
 
posted by エアーズ at 22:55 | 作業日誌

ジャイロ用125ccエンジン

7月22日(火)
2014_07220002.JPG  覚えている方もいると思いますが、2〜3年前に中国製125ccエンジンをジャイロキャノピーに積もうと、改造をしていました。
 
かなり手をかけて改造して、なんとかエンジンをかけるところまで仕上げたのですが、アイドリングはするものの吹け上がらなかったので面倒になってほったらかしになっていました。
もう手を付けないだろうと思ってそのエンジンを知人にあげたのですが、その知人が手をかけて動くようにしてくれました。
 
昨日3輪車ミーティングに向かう途中で点火系トラブルで止まってしまい、トラックで引き取りに行ったついでに見せに来てくれました。
エンジンが吹け上がらなかった原因は、キャブ内部のサビだったそうで、快調に走っていたそうです。点火系の問題はすぐに解決できそうなので、実際に走っている姿を見るのが楽しみです。
 
自分で作って完成しないままになっていたものが、誰かの手で完成させてもらえたのは、なんだかとっても嬉しかったです!
 
 
posted by エアーズ at 22:57 | 作業日誌

アルトワークスの組立

7月21日(月)
 アルトワークスの組立は、クリア塗装をした部分を磨きながらの作業なので、普通に組み立てていくよりは随分時間がかかりますが、それでも順調に組立は進んでいます。
恐らく明日には組みあがるでしょう。
 
組みあがった後に今度はショックアブソーバー交換をしたいのですが、フロント用のいいものがなかなか見つかりません。まずは車全体を組上げて、そこからフロントダンパーは悩むことにします。
 
 
posted by エアーズ at 22:29 | 作業日誌

加工&組立作業完了

7月20日(日)
 金曜日に急ぎの分を先に納品して残っていた加工&組立作業をしていました。
昨日のうちに終わらせられるかと思っていましたがその予想は完全に甘く、今日1日丸々かかって終わらせることができました。
大雨の中無事に納品もできたので、明日からアルトワークスの組立とJeepの作業を始められます。
 
 
posted by エアーズ at 22:02 | 作業日誌

急ぎ仕事

7月18日(金)
 予定通りJeepが入庫したのですが、今日の作業の中心は急ぎの組立作業。
午前中から急ぎ仕事を進め、3時には完了させました。その後今日で2度目の出動となるワーゲンPOLOのウインカースイッチ交換の現場対応。
前回の出動は部品違いで作業ができず、出直しになりました。
ウインカースイッチはスムースに交換できたのですが、もうひとつ交換したかったイグニッションスイッチは取り外しが大掛かりになりすぎて現場対応ができませんでした。
とりあえずウインカーが出て走行に支障が無いので、一旦現場作業は完了と言うことになしました。
 
急ぎ作業が2つ終わらせられて、ちょっと一安心です。
 
 
posted by エアーズ at 20:44 | 作業日誌