ジャイロキャノピー200 その2

7月15日(日)
DSC_0054[1].jpg 先日に続いてジャイロキャノピー200の話題です。
明日、ジャイロのミーティングに業者仲間がジャイロキャノピー200のお披露目で乗って行ってくれるというので、急いで仕上げていました。
登録を終えて、フレームの錆止め塗装をし、ドライブシャフトのグリス注入などを終えて、ようやく実走行テストができました。
ほぼ問題なく走行テストをすることができたのですが、シフトリンケージの微調整が必要なようです。現状でもちょっとしたコツをつかんで走れば問題なく普通に走れるのですが、製品にするにはもう少しの調整が必要です。
シフトリンクの調整は時間がかかりそうなので、明日のミーティングに乗って行ってもらうのは現状のまま慣れてもらうことにしました。
とは言え、ぎりぎり間に合ってよかったです。
posted by エアーズ at 22:42 | 作業日誌

エアコン問題

7月12日(木)
エバポ.jpg
 先日エアコンの同時トラブルが発生したうちの1台、トヨエースです。
他の2台は現場対応で解決したのですが、こいつだけはそうはいきませんでした。
先日コンプレッサー交換したトヨエースですが、ガスが抜けてしまいました。もちろその時もリークテスターでチェックしたのですが、今回リークテスターで調べてみると、どうもエバポレーターあたりから漏れていたようです。
再度エバポレーターを分解して、すべてのOリングを交換します。
もう一度ゴミが噛みこまないように慎重に組み上げていきます。
毎度毎度、エアコンの作業は神経を使います。
posted by エアーズ at 22:06 | 作業日誌

ジャイロキャノピー200

7月11日(水)
DSC_0053[1].jpg
 沢山の作業が待っている中、どうしても今週中に登録する必要があってジャイロキャノピーの試作エンジン搭載車の作業を進めました。
4サイクル200t、4速ギアのエンジンを搭載します。名付けてジャイロキャノピー200です。
試作車は2台目で、今回は二人乗り仕様です。
大体形になったので、書類の不備さえなければ今週中の登録は問題無さそうです。
1台目よりエンジンの調子が良さそうなので、テスト走行が楽しみです。
posted by エアーズ at 23:21 | 作業日誌

車検

7月9日(月)
DSC_0048[1].jpg
 車検と言っても社用車の車検です。エアーズの積載車とサンバーです。
相模の陸事と軽自動車検査協会は近いので、分けて行くと時間が勿体ないから積車に積んで一度に行きました。
2台とも何もなく無事に車検取得です。
そんな中、エアーズのお客さんから同時に3台のエアコン不良の連絡です。どれも意外な車両ばかりだったので、明日からの対応が心配です。
posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌

息抜き作業

7月8日(日)
DSC_0047[1].jpg
 沢山の作業が待っている中ですが、ちょっと息抜き的な作業日誌です。
 ジャイロキャノピーに試作エンジンを載せている作業の途中ですが、今回は二人乗仕様なのでタンデム用シートをつけなくてはいけません。そのシートを作りました。
木板にシート用のスポンジを合わせ、それに合成レザーをかぶせてタッカーで留めていくだけの簡単な作業です。
サクッと綺麗に出来上がりました。
posted by エアーズ at 22:25 | 作業日誌

ジャイロのエンジン

7月6日(金)
DSC_0046[1].jpg
 ダンプが納車できたことで作業待ちになっていた沢山の作業のうちのひとつ、ジャイロキャノピーのエンジン修理です。
走行中に路上で停止した車両を引き取ってきたもので、コンプレッションがありませんでした。
分解して調べてみると、ピストンが欠けてしまっていました。
どうやらクランクベアリングにガタが出てピストンがヘッドに当たって、リングの上側が欠けてしまったようです。
とりあえず必要な部品を注文して、部品入荷までこのジャイロの作業はまたお休みで、またすぐ待ちになっていた別の作業に進みます。
posted by エアーズ at 22:18 | 作業日誌

ダンプ納車

7月4日(水)
DSC_0041[1].jpg
 随分長い間入庫していたダンプが、今日ようやく納車の運びとなりました。
荷台の修理に始まり、荷台の補強、コボレーンやライト類、キャビン内に至るまで色々作業をしていたので、実に3か月近くの入庫作業となっていました。
全体として綺麗にできたと思うので、きっと満足していただけるでしょう。
大きな車が出て行ってくれたことで作業の手が空くだけでなく、駐車場が広くなって何かと作業がはかどりそうです。
まだまだ作業が詰まっているので、心新たに頑張って明日も作業です!
posted by エアーズ at 21:48 | 作業日誌

やり直し

7月2日(月)
DSC_00300.jpg
 ダンプのリアフェンダーに縞板を貼る作業で、意外な苦戦を強いられています。
ダンプのリアフェンダーの淵を補強するために縞板を貼ります。
フェンダーの寸法を測り、縞板をカットし、ベンダーで曲げていきます。
寸法通り上手くできてフィットさせるだけだと思ったのですが、計測が悪かったのか微妙に合わず、微調整に苦労をしていました。
曲げを調整したり色々試みたのですがワンピースで作ったせいもありあまり融通がきかず、半日を費やしましたがあきらめて明日作り直すことにしました。
やり直しは調整しやすいように、3ピースで作って最後に溶接することにします。
posted by エアーズ at 22:44 | 作業日誌

塗装

7月1日(日)
DSC_0036[1].jpg
 ダンプのアオリやコボレーンを溶接で補強した部分を塗装していくのですが、同時に
細かいパーツ類も塗装します。
パーツはフロントグリル、ミラー、ミラーステー、ブラケットといったところでしょうか。
ミラー以外はアオリやコボレーンと同じ塗装でいけるのですが、ミラーはPPなので柔軟性のある硬化剤を入れた塗料で塗ります。
今日は風が無かったので、スムースに作業を進めることができました。
posted by エアーズ at 21:29 | 作業日誌

補強部品

6月29日(金)
DSC_0033[1].jpg
 ダンプの作業がまだまだ続いています。
今日はリアのアオリのやり直し作業と、コボレーンの補強作業です。
写真はコボレーンの補強用の部品でアングルと鉄板で作っています。これをコボレーンのフレーム前後に溶接して補強します。
コボレーンの補強もアオリのやり直し作業も順調に完了しましたが、昨日趣味のキックボクシングの練習でローキック一発KOされてしまったダメージで足が痛くて動きがスローモーションになってしまったせいで、塗装まですることはできませんでした。
それでもダンプの残る作業は確実に少なくなってきているので、近日中に完成報告ができるでしょう。
posted by エアーズ at 21:24 | 作業日誌

TP-02の修理

6月26日(火)
DSC_0021[1].jpg
 サンバー用エキマニTP−02の修理依頼が入りました。
8年ほどの長きに亘って使っていただいているTP−02です。
1番パイプにクラックが入ってしまっています。一度他で修理した形跡があり集合部が溶接されてしまっているので、修理はちょっと大変になってしまっています。
クラック修理と他社施工部のやり直しの方法をじっくり考えて修理していきます。
posted by エアーズ at 23:11 | 作業日誌

ダンプ 続行中

6月25日(月)
DSC_0019[1].jpg
 昨日のパルサーEXAのドライブシャフトブーツは意外に普通に入荷しそうでホッとしています。
さて長らく続いているダンプの作業ですが、今日は追加で張り付けることになったアルミ縞板をリベット留めしました。
先日チップソーでカットした縞板にリベット用穴を開けて、ハンドリベットで留めていきます。
残念ながらエアーリベッターはないので、手で一つ一つ留めていきます。リベットもそうですが、リベット用の穴もハンドドリルで開けていくので、数が多くて時間がかかってしまいます。
それでも縞板の追加は終わり、アオリ用追加鉄板の入荷があれば、今度こそ納車が近づきます。
posted by エアーズ at 22:37 | 作業日誌

パルサーEXAの車検

6月24日(日)
DSC_0018[1].jpg
 1985年の日産パルサーEXAが車検で入庫です。
旧車の車検ではありますが2年前にフルメンテしてからの購入だということで、ほとんど何もしないで通すだけの代行車検の予定でした。
しかしリフトに上げて覗いてみると、右ドライブシャフトのアウターブーツが破れていました。
車検ではよくあることですが、問題は部品の手配です。明日部品屋さんに問い合わせしないと分かりませんが、旧車なので物がない場合があります。
その場合は寸法で他のブーツを探さなくてはいけなくなるので大変です。
どうぞスムーズにブーツが見つかってくれますように!
posted by エアーズ at 23:11 | 作業日誌

チップソー

6月23日(土)
DSC_0015[1].jpg
 入庫中のダンプに追加でアルミ縞板を貼ることになりました。
定尺の材料をお客さんが持っているとのことなので預かってきましたが、切断用のチップソー装着丸ノコも一緒に借りてきました。
チップソーは知っていましたがあまり使ったことが無くてエアーズにもないので、シャーリングに入らない大きなアルミ板を切るときはいつもエアソーで切っていました。
チップソーで切ってみると、切れ味抜群! ガイドで真っすぐも切れるので最高です。
すぐにチップソーを手に入れることにします。
posted by エアーズ at 23:35 | 作業日誌

コンプレッサープーリー

6月21日(木)
DSC_0011[1].jpg
 Jeepのエアコンコンプレッサー交換で心配していたプーリー。心配の必要はありませんでした。
分解してみるとマグネットクラッチの接触部分は摩耗などの問題もなくそのまま使えそうなので、ベアリングの交換をすることにしました。
ベアリングの入れ替えはプレスで簡単にできて、抜け止めはポンチで叩いて行うだけなので、こちらも簡単。スムーズにプーリー交換ができて、そのままエアコンコンプレッサー交換を行い、無事クーラー復活です。
posted by エアーズ at 00:16 | 作業日誌

エアコン コンプレッサー

6月20日(水)
DSC_0005[1].jpg
 Jeep用のエアコンコンプレッサーが入荷しました。
OPELのエアコンを装着しているので当然OPEL用を手配したのですが、国産車のようにリビルト品が見つからず、社外品を手配しました。国産車に比べたら割高ですが、純正品に比べたら半値以下です。
Jeepにはポン付けとはいかずプーリーを変える必要があります。
古いコンプレッサーの電磁クラッチがそのまま使えたら移植で済みますが、もしかしたらプーリーを分解して溶接しなおしての移植になるかも知れません。
いずれにしても、明日には仕上げたいと思っています。
posted by エアーズ at 22:30 | 作業日誌

テールライト

6月19日(火)
DSC_0004[1].jpg
 入庫中のダンプにLEDテールランプをつけています。
テールランプと同時にサイドマーカーもつけていますが、ステーなどの製作と配線であれこれと手をやいています。
まずはステー加工。レールランプは4トンダンプに大型車用のランプをつけているのでスペース的にギリギリです。バックランプも鑑賞するので移動させなければいけないのですが、それも場所が限られていて悩みどころです。
サイドマーカーのステーは汎用品にアルミ板を追加することで解決です。
配線はLED化に伴うハイフラ対策。これは織り込み済みで抵抗を入れて解決。ただ配線を完了させてもメーターパネルの警告灯が点灯しているので、もしかしたらテールライトにも抵抗を入れないといけないかもしれません。
今日は時間切れで判明しませんでしたが、明日もう一度確認作業をします。
posted by エアーズ at 22:04 | 作業日誌

Jeepのクーラー

6月17日(日)
IMG_20180617_134833[1].jpg
 いよいよ納車に向けてJeepの最終作業で、クーラーガスの注入をしました。
後付けクーラーはオペル用のエアコンを移植したものなのですが毎年ガスが不足してしまうので、夏前にガスを足して使っているのです。
今回ゲージをつないでみると例年より減りが多くて気になったのですが、怪しい部分をチェックしましたが問題なさそうなのでガス注入を始めました。
ガスが何本か入ったところで高圧側の圧が普通に上がっていってくれないのでおかしいな?っと思っていたら、なんとエアコンのコンプレッサーからガスが噴き出していました。
写真がコンプレッサーですが、写真の中央あたりの継ぎ目から噴き出していました。
異音も出ていないので意外ですが、例年以上のガス抜けはこれが原因でしょう。当然高圧がちゃんと上がらないのでコンプレッサー交換になります。
なかなかスムースに納車といかないものですね。
posted by エアーズ at 23:47 | 作業日誌

ラジエター交換

6月16日(土)
IMG_20180616_110709[1].jpg
 結局Jeepのラジエターは交換することにしました。
その水漏れするラジエターが写真左、新しく仕入れたラジエターが右です。
新しいラジエターはフェアレディーZ用ということで、大きさはバッチリ合いますが、厚さが今までのものより10o程度厚くなるので、車両へ取付でステー製作の自由度が減るのとシュラウドのカットなどの必要がでてきます。
1日がかりでしたが無事に車両に装着できて、Jeepの完成も見えてきました。
作業がたまって先が見えない日が続きましたが、ようやく出口が見えてきそうです。
posted by エアーズ at 23:16 | 作業日誌

エアコン修理

6月14日(木)
IMG_20180614_154227[1].jpg
 車検で入庫中のトヨエースのエアコン。
ガスが抜けて作動圧が下がっているうえにコンプレッサーから音が出ていたので、コンプレッサーを交換することにしました。
エアコンのコンプレッサーを交換する際は、だいたいレシーバータンクとエキスパンションバルブも交換します。
コンプレサー交換だけなら簡単なのですが、エキスパンションバルブがエバポレーターのあたりに付いているので、それを交換するのが大変です。
トヨエースの場合は比較的エバポレーターを外すのが簡単な方ですが、それでも助手席の足元をあれこれバラしていかなければいけません。
写真が外したエバポレーターで、中心にあるのがエキスパンションバルブです。
無事に交換して作業完了ですが、思ったより時間がかかってガス注入までは進みませんでした。
明日ガスを注入して、漏れがなければ完成です。
posted by エアーズ at 00:03 | 作業日誌