レガシィ登録

11月1日(木)
DSC_0207[1].jpg
 先月オークションで仕入れてきたレガシィの登録に行ってきました。
登録に行ったのは多摩陸事です。最近時々多摩陸事には行きますが、いつも登録だけです。
今回は中古新規で検査ラインにも入るので、もしも不適合が出た場合は予備検屋さんなどの情報がないので不安です。
ただ走行の少ない程度の良いノーマルレガシィなので、問題無くスムーズに検査を通って登録完了です。
BR9レガシィで2.5リッターTURBO。エンジンの力もあるので大きなボディでゆったり走れる良い車です。今時の車にしてはちょっと燃費が悪そうかも?
足回りに少し手を入れてからの納車になります。
posted by エアーズ at 23:28 | 作業日誌

材料入荷

10月31日(水)
DSC_0203[1].jpg
 ダンプの荷台用に注文していたアルミの縞板が入荷しました。
在庫していた材料だけではちょっとだけ足りなくて、新たに仕入れた分です。
これで入庫中のダンプの作業はほとんど終わりなのですが、ハイフラ対策用の抵抗だけがまだ入ってきません。
抵抗の入荷を待って、早くダンプを納車したいですね。
posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌

出直し

10月30日(火)
DSC_0200[1].jpg
 ジャイロUPを町田まで納車に行ってきたのですが、出直しになって戻ってきてしまいました。
お客さんのところまで行ってバイクを下ろし、さぁエンジンをかけようとしたら、なぜかセルが空回りしてしまいます。ずーっと快調だったのに納車のタイミングでこういうことが起こるのです。
これでは納車ができないので、再度積みなおして戻ってきました。
さて、原因を探ってみると、バッテリーの電圧の問題でした。
工場に戻って最初のうちは問題が出なかったのですが、何度かトライしているうちに再発。ブースターを繋ぐと解決します。
納車前のテスト走行はロング走行が無かったので、バッテリーの消費が進んでいたのでしょう。
充電で済みそうですが、念のためバッテリー交換をすることにします。
posted by エアーズ at 23:34 | 作業日誌

トルクレンチ

10月29日(月)
DSC_0198[1].jpg
 入庫中の3トンダンプの作業をしています。
大中型車の作業は普通車の道具だけではできないケースが多いのですが、意外にもレースで使っていた道具が役に立つことが多いのです。
以前にも一度作業日誌に書いたのですが、今回もトルクレンチの話です。
普通車のホイールナットを締めるのにトルクレンチを使っているのをよく見ますが、トラックのホイールナットは普通車用では役に立ちません。
でもエアーズにはレースカーのセンターロックホイールを締めるためのトルクレンチがあります。勿論右ネジ用、左ネジ用ともにあるので、トラックの左タイヤにも対応できます。70キロまで締められるので、3トンダンプは何とか締められます。
トルクレンチのほかに大型車のリアダブルタイヤを外すときに役立つパワーリフターなど、レース用の道具が重宝しています。
 今日の作業中、荷台の修正に使っていたバーナー用の酸素が切れてしまいました。ここのところダンプの作業が多かったので予想外に酸素の消費量が多く、酸素の大瓶が空っぽです。
酸素入荷まで作業が進まなくなりました。
posted by エアーズ at 23:00 | 作業日誌

エキマニ

10月27日(土)
00010001.jpg
 サンバー用等長エキマニTP−02ユーザーのお客さんが、クラック修理のために来店いただきました。
なんとこのサンバー、走行距離が61万キロです! こんな距離のODOメーターを見たのは初めてです。TP−02を装着してからも30万キロ以上走っているのです。
長い間TP−02を愛用していただいて、本当にありがたいことです。クラックの溶接もすぐに済んだので、これからも長く使っていただけるようです。ありがとうございます。
しかしながら100万キロまでは難しいだろうと話すお客さんです。そうなると次はエブリィかハイゼットだろうと云うことで、ハイゼットのエキマニはどうなっているのか?と質問を受けました。
エアーズのハイゼットのO2センサーが壊れていたためにデータ取りがうまくできていなかったまま手つかずになっていたハイゼット用等長エキマニのテストを早く再開させなくてはいけません。写真はそのハイゼット用テストエキマニです。
体感では良いフィーリングなので、あとは燃費比較です。
ハイゼットのO2センサーはすでに修理済みでノーマルエキマニの燃費データは大体取れているので、エキマニを付け替えて燃費データを取るだけです。
早く時間を作って付けなおしをして、データ取りを再開します。
posted by エアーズ at 23:16 | 作業日誌

ダンプ入庫

10月26日(金)
DSC_0193[1].jpg
 3トンダンプが入庫しました。
先日作業したダンプと同じ作業の予定です。
必要部品を手配して、部品入荷次第の本格作業になります。
今回のダンプは前回のものより作業は少なくて済みそうです。
とりあえず出来るところから少しずつ作業は進めていきます。
posted by エアーズ at 21:30 | 作業日誌

ケンメリのエキゾースト

10月25日(木)
DSC_0185[1].jpg ここ数日続いていたケンメリのエキゾーストの修理が完了しました。
昨日出来ずに残っていたハンガーの取付でしたが、微調整がちょっと手間でした。
ボディ側にエキゾーストの逃げが充分になかったので、どうしても車体の下に出てしまいます。最低地上高を犠牲にしたくないので、出来るだけ上にマウントしたいのですが、やりすぎるとボディーと干渉して音が出てしまいます。
ギリギリにしたいのですがハンガーが3つのゴムなので、伸びの読みが意外に微妙で時間を取られてしまいました。
それでも最終的には左右も上下も、かなり攻めた位置にマウントすることができました。
次は低すぎる車高対策に移ります。
posted by エアーズ at 00:26 | 作業日誌

テールパイプ

10月24日(水)
DSC_0191[1].jpg 予定通りケンメリのエキゾーストの修理作業をしました。
昨日のセンターパイプに続いて今日はテールパイプです。写真はそのテールパイプの一部ですが、見ての通り溶接部分がシールド不足で酸化していたり、母材が溶けていなくてちゃんと着いていなかったりしています。
結局テールパイプは全ての溶接部分が駄目で、溶接をすべてはずす作業から始まりました。
溶接部分をカットして、使えないパーツは作り直して、車両にフィットさせながら仮溶接してレイアウト。
位置が決まったら本溶接していきます。
2本出しのパイプのやり直しは終わりましたがハンガーの微妙な位置決めに手間取って、ハンガー取付は明日に先送りになってしまいました。
それでもなかなか良い感じに仕上がっています。
posted by エアーズ at 23:04 | 作業日誌

ケンメリのエキゾースト

10月23日(火)
DSC_0189[1].jpg
 しばらく作業日誌をお休みしていましたが再開です。
作業日誌と同じくしばらく手が付けられていなかったケンメリ スカイラインの作業を、久しぶりに進めることができるようになってきました。
ケンメリ作業再開のスタートはエキゾーストの修理です。
レイアウトの不良修正と溶接の悪い部分のやり直しなどですが、ほとんど全部やり直しです。
写真はセンターパイプで、溶接のダメな部分をカットしたところです。フレキシブルパイプもひとつしか付いていないので、2本出しの両パイプに入れなおします。
フレキシブルパイプとステンレスパイプを追加してレイアウトも修正して、慎重に溶接しなおしていきます。
センターパイプの作業はうまく完了することができました。明日はテールパイプの作業ができそうです。
posted by エアーズ at 23:11 | 作業日誌

LEDテールライト

10月13日(土)
DSC_0163[1].jpg
 入庫中のダンプに付けるLEDテールランプが今朝ようやく入荷したので、早速取付作業に入りました。
作業はまずステーの製作。Lアングルで作って塗装するだけで、簡単な作業で完成です。
取付て配線をすると、予想通りウインカーがハイフラになりました。
想定内でハイフラ対策用の抵抗はすでに用意してあったのですが、つないでもハイフラが解消されません。配線が間違っているのかと何度も確認をしましたが、配線違いもありません。
今日納車をするつもりでしたがハイフラが解決できないので、今日の納車は諦めざるを得ませんでした。
納車を諦めてじっくり検討した結果、抵抗をもう一つ追加すると解決することが分かりました。片側に2つ、合計4つも抵抗が必要です。どうしてそうなるのか分からないのですが、抵抗を追加手配して対処することにしました。
posted by エアーズ at 22:49 | 作業日誌

レガシィ

10月10日(水)
DSC_0160[1].jpg
 ここしばらく車を探していました。
BR9レガシィで、出品台数が少なくて希望に合うものが出てきませんでした。
仕入れのリミットが迫っていて諦めムードの中、昨日のオークションで出品されていたので、会場に張り付いて競り落としてきました。
綺麗な車両で、今回もなかなかのお得な買い物をすることができました。
posted by エアーズ at 23:22 | 作業日誌

ジャイロキャノピー

10月7日(日)
DSC_0150[1].jpg
 エアーズ常連さんのジャイロキャノピーが部品取り付けで入庫しました。
とても仕上がりの良い車両なのですが、ジャイロキャノピーの宿命でエンジンカバーが何度もボロボロになってしまいます。
今回はエンジンカバーをあきらめたことに伴うタイヤの水はね防止のフェンダー取付とエアクリーナー取付です。
どちらも専用パーツなので比較的スムースに取り付けられましたが、フェンダーの方はやや手間をとられてしましました。
それでも無事に作業完了で、なかなかイイ感じになりました。
posted by エアーズ at 23:07 | 作業日誌

塗装

10月5日(金)
DSC_0149[1].jpg 注文してあった塗料届いたので、塗装作業をすることにしました。
雨が降る予報だったので諦めていましたが朝一番での入荷だったので、何とか間に合うだろうと判断しました。
ダンプの荷台なので屋外塗装です。ざっと塗料が付いてはいけない部分にマスキングをして、一気に塗っていきます。
午前中に塗り終えて少しすると、雨が降り出しました。塗り終えてからある程度時間が経ったので、ギリギリセーフという感じです。
あとはアルミ縞板を張り付けて完成です。
posted by エアーズ at 23:09 | 作業日誌

ダンプの荷台作業

10月3日(水)
DSC_0142[1].jpg
 ダンプの荷台作業のうちの鳥居部分の修理です。
呼び名は鳥居で合っているのか分かりませんが、運転席背面の部分です。
パッと見は綺麗だったのですが良く見てみると錆が多く出ていました。
上部にボルトオンされているものだったので、取り外して修正と錆取り、そして塗装をすることにしました。
荷台やバンパーなど思っていた以上に塗装部分が多くて、途中で塗料が足りなくなってしまいました…。
すぐに注文しましたが、明日からまた天気が崩れる予報なので、塗装作業に影響が出てしまいそうです。
posted by エアーズ at 22:49 | 作業日誌

ジャイロUP

10月2日(火)
DSC_0141[1].jpg
 ダンプの塗装準備をしている中、ジャイロUPの部品が入荷してきました。
工場内でばらしたまま動かせなくなっていたので、ダンプの作業をストップしてジャイロUPをくみ上げることにしました。
届いたのは遠心クラッチ。減っていたのでプーリー交換ついでに交換ですね。
ハイスピードプーリー組み込みにはケースを削ったり干渉部分を処理する必要があり、ポン付けというわけにはいきませんが、無事に組みあがり、テスト走行も完了です。
あとは外装を綺麗にしたら完成です。ダンプの塗装を同時に一部塗装して仕上げます。
posted by エアーズ at 23:19 | 作業日誌

3tダンプ

10月1日(月)
DSC_0134[1].jpg
 オイル交換や荷台の修理で3tダンプが入庫しています。
台風が去って、ようやく作業を進められるようになりました。
荷台の修理は主に塗装などで綺麗にするというものですが、塗装前に汚い部分を直していきます。
写真は荷台の鳥居部分にある格子穴ですが、弱い部分なのでどうしても曲がり易くなっています。
真っすぐに直そうとハンマーで叩いても、鉄板が伸びているので叩いても叩いても直りません。
真っすぐにするためにはバーナーで炙って真っ赤にして、そのうえでハンマーで叩いて直していきます。
大体許せる程度に真っすぐにできたので、錆を取って塗装していきます。
今日は塗装までできませんでしたが、明日には塗れるでしょう。
posted by エアーズ at 22:49 | 作業日誌

ボアアップキット

9月29日(土)
DSC_0133[1].jpg
 少し中断していたジャイロUPのボアアップキット組み込み作業が再開しました。
マロッシのボアアップキットに焼付き予防処理をして組み込み、それに伴ってキャブレターも大径のものに交換します。
キャブレターは交換してジェットでガスの調整をしますが、ボアアップしたシリンダーと大径のキャブレターを繋ぐマニホールドがそのままでは折角のボアアップチューニングが台無しです。
マニホールドは純正の内径を削って大きくしていきます。意外に外形も細いので、以前削りすぎて穴を開けた経験があります。なので慎重に削って大きくしていきます。削りあがりが写真の状態です。
ボアアップキットはスマートに組みあがり、次はハイスピードプーリーの組み込み進んでいきます。
posted by エアーズ at 23:21 | 作業日誌

ジャイロキャノピー入庫

9月28日(金)
DSC_0128[1].jpg
 エアーズ常連のお客さんのジャイロキャノピーが路上でストップしてしまったとのことで、JAFのレッカーサービスで運ばれてきました。
雨の中の走行で不調が続き、ついに動かなくなってしまったということです。
 エアクリーナーあたりをチェックしてみると水を吸って修理まったような形跡はなかったので、電気系の問題だろうとプラグを外して見てみました。
するとプラグがカーボンで真っ黒になってしまって、カーボンが電極どうしをくっつけてしまっていました。
プラグを掃除して取り付けてみると、キックで一発始動。やっぱりプラグが原因だったようです。
エアクリーナーが水を吸って空気量が減り、不完全燃焼を起こしたのが原因なのでしょうか?
プラグを新品に交換してエンジン修理は完了です。
その他についで作業があるので、部品入荷を待って作業をすすめます。
posted by エアーズ at 23:44 | 作業日誌

TP-02製作

9月24日(月)
DSC_0123[1].jpg
 Jeepの作業も終わって、少しずつ進めていたTP−02の製作作業を集中して進めることができるようになりました。
各気筒パイプの溶接も終わり、あとは集合部以降のパイプ製作だけなので、間もなく完成させることができるでしょう。
この1本を完成させたら、すぐに次の1本の製作もして、なんとか在庫をキープしたいとおもっています。
posted by エアーズ at 23:17 | 作業日誌

サーモスイッチ

9月19日(水)
DSC_0112[1].jpg
 連日続いているJeepの作業ですが、いよいよ仕上がり間近です。
今日にも納車できるのではと思っていましたが、いやいやどうして、なかなか簡単にはいきません。
電動ファンをエアコン用とオーバーヒート用に使うために設置しましたが、オーバーヒート用に用意したサーモスイッチが思うように機能してくれません。
5度刻みで細かく温度設定されているサーモスイッチなので始動の温度の制御はうまくできました。
90度を過ぎたところで動いてくれるのですが、今度はそこから10度以上温度が下がらないとファンが止まってくれません。
しかしながらサーモスタットが入っているのでそれほど温度が下がってくれないのです。
もっとレスポンスの良いサーモスイッチを仕入れなおすことにしました。
もう一息なので、頑張ってやります!
posted by エアーズ at 23:06 | 作業日誌