MR2 再登場

2009_11290001.JPG 先日オルタネータを交換したMR2が、クラッチ交換、タイミングベルト交換、マフラー交換などなど、様々な作業で入庫です。
整備性があまりよくないので、クラッチ交換のためのミッション取り外しに随分時間がかかってしまいした。外してみたらフライホイールの消耗も激しかったので交換することにしました。だから部品待ち。
 明日、明後日は撮影車両のケア仕事で外仕事。作業再開は水曜日からです。
 
 ところで今日は沢山人が来てくれました。10人ほどは来てくれてにぎやかな1日でした。やっぱり人が多く来てくれると活気が出て良いですね。
 
posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌

MR-Sのエンジン不調

DSCF0540.JPG MR-Sがクラッチ交換で入庫です。でも作業日誌ではこのMR-Sが前回エンジントラブルで入庫したときの話です。
症状はエンジン回転が3000回転あたり以上間回らないというもので、オーナーさん自らセンサーを変えたりしてきたけれど改善しないというものでした。ディーラーで自己診断をかけても異常なしで困り果てているということでした。
入庫してやはりセンサー関係を疑って試してみましたが改善せず、ネットで情報を探して同じ症状でも「センサーが壊れる」と書いてあるばかりでした。
仕方なく車とじっくり向き合って、「エンジンは一発始動」「エンジン音も異音なし」なので、エンジン本体には問題ないと判断し、本体以外を探って見ました。
まずは吸気系。分解、チェックで異常なし。清掃して元に戻します。次は排気系。触媒が目視できないので、エアーを流して確認してみました。そしたらなんと!触媒が詰まってほとんどエアーが流れません。
触媒交換で解決と思われますが、とりあえず動かすために一度触媒をカットして、中身を取り出して再度溶接して車両に装着。そしてエンジン始動で快調そのものに!
ネット情報ではMR-Sはセンサーが壊れると多く書いてありますが、この車種に限ってセンサーが壊れるというのは考えにくいので、MR-Sオーナーでエンジン不調の方は、純正触媒を疑うことをお勧めします。

DSCF0541.JPG


 写真の遮熱板に包まれているのが触媒です。Uの字状になっているので目視で確認はできません。

 
 


 

posted by エアーズ at 13:27 | 作業日誌

理想の排気音への挑戦 Jeep

2009_11250004.JPG 最近登場の多いJeepですが、本日またもや登場です。V8 5リッターのアメ車サウンドを追求するオーナーは、やはり前回取り付けたマフラーでは静か過ぎて満足できず、その時に外したマフラーを改造して再度つける事になり本日入庫です。
写真の細長いマフラーをカットして、20cmほど短くして取り付ける方針です。
 


2009_11250005.JPGこんな風にマフラーをバラバラに短くしていきます。当然ながら左右あるので、同じ加工を2個します。マフラーの太鼓部分が出来上がってからレイアウトしていきます。ここからが時間のかかる作業で、左右を同じようにレイアウトするのが結構手間なのです。


 
 2009_11250007.JPG

そして完成したのがこの写真。外からは見えない位置に下向きに排気します。
肝心の音ですが、オーナーの反応は「微妙」でした・・・。

 


  

posted by エアーズ at 00:27 | 作業日誌

MR2 マフラー修理

2009_11240004.JPG 昨日オルタネータ交換をしたMR2は、後日マフラー交換他の作業予定が入っているので、そのマフラーを預かってきました。
ジャバラ部分から排気漏れがあるという中古品ということなので、本日状況確認をしてみました。ジャバラを包んでいるステンレスのネットを外して排気漏れの状態を見ます。
 


2009_11240005.JPG ネットを外すと写真のように完全に割れています。出来ることならジャバラごと交換したいのですが、この不景気では何でも節約したいので、なんとか溶接できないか試みました。
割れはジャバラの谷部分でそこを溶接することは出来ないので、山部分を溶接してみることにしました。
 

 

2009_11240006.JPG
 材料が薄いので、結構難しい溶接でしたが、なんとか写真のようにつきました。

後は車両の入庫待ちです。


 

posted by エアーズ at 22:44 | 作業日誌

MR2(SW20)オルタネータ交換

 本日の作業はMR2(SW20)のオルタネータ交換です。
埼玉のお客さんで自走不可なので、積載車で取りに行くか現地出張作業かの選択です。
オルタネータ交換だけなので現地出張で対応です。現車を確認せずにこの選択をしたことで、思いっきりはまってしまいました。
 
 ミッドシップはFFと同じだろうと高をくくっていたのですが、現車を見ると車両下からの作業でした。これぐらいは想定内でオルタネータ自体はすぐに外れましたが、それを車両から取り出す隙間がありません。
マフラーを外すかドライブシャフトを外すかで、マフラーはボルトが腐って外れないので、ドライブシャフトを外して取り出すことにしました。
ドライブシャフトを外すにあたり、アライメントが狂う部分は触りたくないので、ドライブシャフトの中間部分を切り離すことにしました。しかしこれがハマってしまう原因となってしまいました。
 
CA7YDDH0.jpgここがその外した中間部分ですが、作業中にそのジョイントが抜けて、等速ジョイントの玉が出てしまいました。仕方なく完全分解しましたが、予定外の作業なのでグリスなんか持ってきていません。こんなに大作業になる予定でもないのでジャッキも馬も高く上げられるもは持ってきていないので、作業環境も狭い状態です。
グリスを関係先から分けてもらい、狭い作業スペースで苦心して、朝11時前からはじめた作業は19時ごろにやっと作業完了です。
 
DSC09628.jpg こんな感じで作業なので、リフトに上げる作業の数倍時間がかかってしまいます。
出張作業の見込みの甘さを痛感させられました。
 
 

 
 
 


 

posted by エアーズ at 23:01 | 作業日誌

Jeepマフラー 完成!

2009_11190008.JPG Jeepのマフラー、完成です。
写真は左バンク用。こんな形のものが左右について、リアバンパーの両サイドから斜めに排気します。
丸々2日間かかってしまいました。左右出口を同じ感じにあわせることと、マフラーの吊りをどうするかで考えていると時間が過ぎてしまいました。
 
 
2009_11190009.JPG出来はなかなかではないかと思います。何よりエンジンの調子がよくなったような感じがして、製作者としては満足です。ただ、オーナーは音が少し静かになってしまったことが残念な様子。
 

 


2009_11190011.JPGこんな感じで後ろに排気!
 
 


 

posted by エアーズ at 01:08 | 作業日誌

Jeepマフラー製作

2009_11180006.JPG 先日入庫していたJeepが再入庫です。今度は消音機の交換と触媒位置変更。それに伴い、排気位置も現在車両中ほどで下に排気しているものを後方排気にレイアウトしなおします。
V8 5リッターの2本出しなので、2本マフラーを作るようなものです。
 
 

2009_11180008.JPG 音にこだわるオーナーが理想の排気音にするための加工です。写真左が現行の消音機で右側が新規に入れるFLOWMASTER消音機です。形式が全く違うので音質変化の期待大です。


 
 
2009_11180009.JPG 写真では分かりにくいですが、まずは必要なパーツをレイアウトしていきます。触媒と消音機の太鼓がレイアウトできたらパイプを組んでいきます。パイプの曲げ部分はストレートパイプを角度をつけてカットし、溶接して曲げて行きます。曲げパイプを使わないのはコストの面が大きいですが、レイアウトを決める自由度が増すので採用してます。

 

2009_11180011.JPG 今日の作業はパーツを配置してパイプのレイアウトを仮組みしたところで終わりました。こういう工作仕事は楽しいです!
 

 
 
 
 
posted by エアーズ at 01:11 | 作業日誌

スパー耐久シビック FD2

2009_11170003.JPG 久しぶりに昨年のスーパー耐久マシンのシビック タイプR FD2を出してきました。年内に1度は走らせたいなぁと思うのですが、走らせていなかったレーシングカーを走らせるのは結構大変なんです。
タイヤですら普通には売っていないので、購入手続きが大変です。そして過去のデータを引っ張り出してきてセッティングや各パーツのライフを確認して整備開始になります。
今日は主に掃除だけ。明日はお客さんのマフラー製作があるので、整備開始はまだ先です。
posted by エアーズ at 23:26 | 作業日誌

お勧め商品

 お勧め商品にTHE MAN SPIRITのレーシングスーツ・カタログをUPしました。
オーナーの石川 朗はF3時代からほとんどTHE MAN SPIRITです。最新モデルは動きやすい上に、着用したラインがとてもスリムに見えるスーツです。
レース参戦はもとより、走行会などでもレーシングスーツを着用して、かっこ良くキメましょう!
posted by エアーズ at 20:54 | 作業日誌

エブリィ タイベル交換

2009_11120003.JPG 写真はスズキのエブリィをしたから写したもの。
今日はこのエブリィのタイミングベルト交換です。軽自動車でシングルカム。簡単な作業のようですが、エンジンが運転席の下辺りにあり作業環境があまりよくないので、意外に手間がかかります。
リフトを上げて下から作業したり、またリフトを下げて上から作業したりの繰り返し。ヒーターホースの交換もあったので、ほぼマル1日仕事になってしまいました。
 
posted by エアーズ at 01:27 | 作業日誌

車検

2009_11110002.JPG 写真は相模陸事。そう、長く入院していたオペルがやっと車検を取れて、今日元気に退院していきました。
随分重症でしたが、とても快調になりました。やはりドイツの車はしっかり感がありますね。
 

 
 
posted by エアーズ at 22:52 | 作業日誌

速いEG4への道 その3

2009_11090002.JPG マフラー完成です!ごらんの通り見た目はノーマルを維持できました。
排気音はアイドリングでは期待通りに静かで、走行時は普通のスポーツマフラーレベルで、全開時は乾いた良い音がします。
当然ながらエンジンは快調で、トルク域が上になり高回転の回りが格段によくなりました。
EG4が更にお気に入りのマシンとなりました。これならモテギでのタイムは相当UPするでしょう。
次は車高調を投入しなければ。
 
posted by エアーズ at 23:45 | 作業日誌

速いEG4への道 その2

2009_11080007.JPG今日は一日中マフラーの太鼓部分の製作です。
写真のように入口から出口にストレートに結びました。角無く曲げパイプにしたいところですが、パンチングメタルの長さを稼ぎたかったので、ちょっとカクカクしたレイアウトです。
あとはグラスウールを巻いてふたをすればokですが、作業はそんなに簡単ではないのです。ものづくりは意外に時間がかかるものです。
消音機能部分が短いので、音は期待よりも大きくなってしまうかも?
posted by エアーズ at 00:35 | 作業日誌

速いEG4への道

2009_11070003.JPG 当店お勧め商品の中古車、EG4改。この魅力を分かっていただくためにモテギでタイムを出すことにしましたが、先日の走行では全然駄目でした。エンジンはJOY耐で実績があるのにトップスピードが出ないのは、排気系が1500ccのEG4のままだからだと思われます。ということでDC2 Type-Rの排気系を手に入れました。
右がEG4で左がDC2用。フロントパイプとセンターパイプの径が全然違うので、これなら上が回るようになるでしょう。
センターパイプとマフラーのジョイント部分が47パイぐらいに絞られているのが気に入らないのですが、ノーマルルックにこだわるために、まずはこのままで行きます。
 
ただ、レース用に使っていたエンジンに触媒が入ってきているので、マフラーだけは効率のよいものを使いたい。でもノーマルルックは確保したい。ということでノーマルマフラーをカットして、ノーマル太鼓の中にストレートマフラーの構造を入れようと思います。
2009_11070010.JPG
 サンダーでカットして、マフラーを分解します。
 
 
 
 
  
 
2009_11070011.JPG
分解したものがこれ。この中でストレートにして消音構造も作らないといけないのです。

 
 
 
 
 
 
posted by エアーズ at 23:57 | 作業日誌

ハンダ付けの続き

2009_11060004.JPG 先日のハンダ付け作業のその後は、こうして組立作業が進んでいます。作業が進んでいくと、50台の電話機が完成するのです。
レース屋さんなのに電話機の組立て。試作、組立てなど何でもやるのがエアーズの強みです。

 
 
posted by エアーズ at 01:13 | 作業日誌

オペル その後

2009_11050002.JPG ウォーターポンプでハマった後、色々でてきます。
色んな部品が固着していて、大ハンマーの出番は頻繁になりました。いよいよ完成でブレーキエア抜きをしていたら、また大問題が!!
フロントキャリパーのエア抜きニップルがポロっと折れてしまいました。勿論力技で回した訳ではなく、短いレンチでちょっと力を入れたらグニャっともげました。
ニップルの在庫は日本に無くて、納期は1ヶ月前後!中古を探すか国産で代用するかです。でも一番の問題は、折れたねじ部分をどう取り出すかです。
こういう困ったトラブルはお手のものです。なんとか取れるでしょう。
posted by エアーズ at 22:26 | 作業日誌

オペルのウォーターポンプ

2009_11030003.JPG車検で入庫中のオペル。タイミングベルト交換のついでにウォーターポンプも交換します。
そのM6のボルト3本で止まってるウォーターポンプをはずすのに、何と6時間もかかってしまいました!!
固着していてハンマーでたたいてもビクともしない。どうしようかと試行錯誤しているうちにどんどん時間ばかりが過ぎてしまいます。最終的にはどうにもならなくて、うちで一番多きい鉄ハンマーでガンガン叩いてはずすハメになりました。おかげでポンプは写真の状態です。
取り付け面をきれいにして新品を付ける時は、なんのストレスも無くポンです。今日は参った・・・。
posted by エアーズ at 23:17 | 作業日誌

ハンダ付け作業

2009_11010005.JPG1日中ハンダ付け作業でした。
AIRSの大切な仕事の一つで、少数ロットの電気部品組立作業です。
基盤組立てから市販の電気部品分解、ケース加工などの一連の加工組立て作業をしています。
 
 
 
posted by エアーズ at 21:48 | 作業日誌

サンバーエキマニの新旧

2009_10310004.JPGサンバーエキマニの新旧を並べて写してみました。上が新型のTP−02、下が旧型。
レイアウトの違い、分かるかな?
 
 

 
 


 

 
 
posted by エアーズ at 23:59 | 作業日誌

オペル

2009_10310002.JPGオペルワゴンが車検で入庫です。
部品が入るのが週明けなので、実際の作業は月曜からになります。
ドイツの車は実によく出来ていて、運転してみるとしっかりした感じが伝わってくる。エンジンも1800ccなのによく走る。実用回転域のトルクがしっかりしているのだ。とはいえ最近の日本車もエンジンに関しては同様な感じになってきているので、エンジンは特筆するほどの物ではないかも知れないが、ハンドリングはやはり少し上を行ってる気がするなぁ。
 
posted by エアーズ at 23:57 | 作業日誌