インプレッサ退院

9月18日(土)
2010_09170002.JPG 色々大変だったインプレッサも、今日部品が揃い作業が完了。
無事に退院となりました。
 
 明日、友人が大井松田カートランドでレースに出るそうで応援に行こうかと思っていましたが、次に待ち構えている作業がたっぷりあるので応援ツアーを断念することにしました。
身近な者が出るレースを手伝いに行くのは楽しいもので、次回は是非行きたいと思っています。
 
さて、明日はどの作業から手をつけようか・・・。
 
posted by エアーズ at 21:47 | 作業日誌

まだまだ続くインプレッサの作業

9月17日(金)
2010_09170003.JPG クラッチ交換、タイベル交換、カムカバーガスケット交換など、沢山の作業が続いたインプレッサも、いよいよ退院が近づいてきました。
ただ、またもや部品待ちの事態が起きてしまいました。
クラッチペダルが完全に戻らない症状があったので、ペダル関係部品を中古で用意してあったのですが、予想以上にダメージが激しくて足りない部品が出てきてしまいました。
 
 
2010_09170004.JPGクラッチペダルとクラッチマスターのロッドえお繋ぐ部分が摩耗してがたがたになってしまっています。
写真のようにペダルの穴はガタガタに大きくなっていて、ピンは痩せてしまっています。
オマケにロッド側の穴も大きくなってしまっているので、全部交換が必要です。
明日手配ですが、部品センターに在庫があることを祈ります。
 
 
 
posted by エアーズ at 23:53 | 作業日誌

インプレッサは部品待ち

9月16日(木)
2010_09150001.JPG 連日続くインプレッサの作業ですが、タイベル交換を終え、カムカバーのパッキン交換も終え、ミッション関係の部品待ちで作業は一時ストップです。
 
カムカバーパッキンですが、走行距離や経年劣化でゴムが弾力性をなくしてしまい、オイルがにじんでくるようになります。
今回の場合はかなりの漏れがあり、エンジン下回りがオイルだらけです。
 
2010_09150002.JPGはずしたカムカバーを綺麗にして、エンジン側も合わせ部分を綺麗にして、要所に液体ガスケットを塗って取り付けます。
 
これでもう大丈夫!
 
 
posted by エアーズ at 21:19 | 作業日誌

エアーズの2代目サンバー

9月15日(水)
2010_09150003.JPG 待望のエアーズ2代目サンバーが来ました。
本日車検を取って名義変更。
初代サンバーを東名高速でオーバーヒートからエンジンブローさせてしまって以来、長らくサンバーが無い日々が続きました。
商品開発、テストなど不便なことがありましたが、これからは大丈夫!
 
 
 
 
posted by エアーズ at 23:44 | 作業日誌

インプレッサの続き

9月14日(火)
2010_09140004.JPG 昨日苦心してカットしたナットの相手側。ボルトを外してみました。
写真の中心がその1本で、バイスプライヤーで挟んでも、アセチレンであぶっても全くビクともしないので、六角棒を溶接してまわすことにしました。
写真のように溶接して長い工具でまわすのですが、溶接が千切れるだけで全然緩みません。
あきらめてドリルで中心に穴を開けて、肉を薄くして取り去る方法に変更。
ボルトが硬くて、作業環境は悪くない割りに相当時間がかかりました。
このボルト1本抜くのに3時間もかかってしまいました。もう1本はどうするか?考え中です。
 
2010_09140002.JPG ドライブシャフトも交換しましたが、これも大変な作業に・・・。
 
 
 
 
 
 
2010_09140001.JPGナットをはずしてハブからシャフトを抜こうとしたら、またもビクともしません。一番大きいハンマーで思いっきり叩いても、全く動きません。
何度もトライするのですが、相当硬いようなので、あきらめてナックルをはずして、プレスで押すことにしました。


 
 
2010_09140003.JPG写真のようにプレスにかけて、150kgかけてもビクともしません。
何度も何度もトライしますが、やっぱり駄目です。
あきらめてハブ、ナックルごと交換しようと最後のトライをしてみると、ガン!っと大きな音と共に動きはじめました。
こんなに硬いのは初めてです。こちらも5分で出来る作業が、実質3時間です。
 
簡単な事が上手く進まない、疲れる1日でした。
 

posted by エアーズ at 00:38 | 作業日誌

インプレッサ

9月13日(月)
2010_09130003.JPG GC8インプレッサがクラッチ交換やタイベル交換で入庫してきました。
最近インプレッサをよく作業していますが、今回の車両はちょっと型式が古いのです。
ちょっと古いだけで、作業性が非常に悪くなることに驚かされます。
写真のタービンをカバーする遮熱板を外すのに手間がかかったり、ラジエタを外すのにパワステのオイルラインを外さなくてはいけなかったり。
 
あまりの作業性の違いに戸惑いながらクラッチ交換のためにフロントパイプを外していくと、フロントパイプとタービンを止めているナットが
当然のように2個なめてしまいました。古くなると熱のため錆びて仕方ないのですが、外すのは相当手間です。
 
2010_09130004.JPG折れたりナメたりしたボルト・ナットをはずす方法は、作業環境などにより色々あるのですが、今回はベルトサンダーとリューターでナットをカットして外すことにしました。
 
比較的作業スペースがあったので、それほどストレス無くナットを外すことが出来ました。
ナットと同時にボルトも少し削れているので、ボルトも新品にします。
 
面倒な作業ですが、意外に得意分野なのです。
 
posted by エアーズ at 23:18 | 作業日誌

ブレーキ

9月12日(日)
2010_09120001.JPG 駆動系がおかしくなったエアーズのジャイロキャノピー・カスタムの原因究明をしようと、ばらしてみました。
左後輪は回りがとても重いので、ベアリングが焼きついた光景を想像しながらばらしていきました。
ばらしていく過程でブレーキをはずすと、なんと!軽くスムーズに回るようになったではないか!
なんとも初歩的なブレーキ引きずりが原因だったようです。
 
そしてテスト走行してみると、大分良さそうな感じです。ロングドライブテストが楽しみになってきました。
 
posted by エアーズ at 21:08 | 作業日誌

TP-02

9月11日(土)
2010_09100005.JPG 製作していたTP−02が完成しました。
有り難い事に、完成してすぐ出荷されていきました。
本日既に新規のTP−02製作が始まりましたが、これも有り難い事に出荷先が決まっています。
頑張って作らないと在庫が出来ないですね。頑張ります!
 
 
 
 
posted by エアーズ at 21:19 | 作業日誌

ウォーターホースとジャイロ

9月10日(金)
2010_09100002.JPG 仲間のショップから頼まれて、ウォーターラインのバイパスホースを作って欲しいと頼まれて、アルミパイプで簡単なバイパスホースを作りました。
ご近所さんなので、ジャイロキャノピー・カスタムのテスト走行を兼ねてお届けにあがりました。
 
ジャイロはかなりハンドリングが改善したものの、まだ合格点ではないなぁと思いながら走っていると、到着間際に何だかスピードが出なくなってきました。
目的地に到着後にチェックしてみると、異臭と共に左後輪が異常過熱していました。致命的ダメージを与えないために積載車で回収。まだ原因解明作業に手をつけていませんが、これもハンドリング悪化の原因のひとつだったかも知れません。
時間ができたら解明してみます。
 
posted by エアーズ at 22:11 | 作業日誌

作業延期

9月9日(木)
2010_09070002.JPG クラッチ交換で入庫中のフォレスターですが、入荷待ちの部品は入ってきたものの、作業は延期になりました。
クラッチ交換と同時にミッションのオーバーホールをすることになったからです。
そのミッションの部品が欠品中で、入荷は今月いっぱいかかりそうだと言うことで、しばし作業は延期です。
延期とはいえ、その分作業を追加していただけるのはありがたいことです。
 
posted by エアーズ at 22:11 | 作業日誌

ジャイロ・キャノピー

9月8日(水)
2010_09080002.JPG エアーズカスタムのジャイロ・キャノピーですが、ホイールベースを伸ばしたことでハンドリングに影響が出ていました。
先日の作業日誌で解決したと書いていたのですが、長距離ドライブをしたところ、まだまだ合格レベルでないことが判明しました。
今日は1日、その修正作業です。ホイールベースを伸ばすとこんなにも色んな事が起こるとは想像もしませんでしたが、対策を考えるのは楽しいものです。
 
今日の作業で更に改善したものの、まだ合格点には達してないかも?
またロングドライブテストしてきます!
 
posted by エアーズ at 22:17 | 作業日誌

エキマニ作り

9月7日(火)
2010_09070003.JPG 今日は1日、サンバーのエキマニ作りです。
先週からずっと作っているのですが、まだまだ完成に至りません。工数がとっても多いので時間がかかるのです。
明日入荷予定の部品がくれば、すぐに形になるでしょう。
一通り形になってからチェックをして、運が良ければそのまま完成ですが、通常の場合製造過程で出来た歪を修正するのにちょっと時間がかかります。
今週中には完成させたいですね。
 
 
posted by エアーズ at 21:55 | 作業日誌

フォレスター入庫

9月6日(月)
 フォレスターがクラッチ交換で入庫しました。
パーツ持込の作業なのですが、パイロットベアリングが不足しています。
ほんの数百円の部品待ちで本作業は明後日の予定です。
 
posted by エアーズ at 21:38 | 作業日誌

エキマニの製作工程

9月4日(土)
2010_09040005.JPG サンバーのエキマニ製作の途中写真です。
細かいピースを仮組みして複雑なレイアウト決めていきます。
散々微調整してバッチリ仮組みしても、本溶接していくと相当歪んでしまいます。その歪んでしまったパイプを修正しながら更に組上げて、最終的にストレスのかかっていない製品に仕上げることが難しいのです。
でもそこが耐クラックの要なのです。
 
 
 
posted by エアーズ at 22:46 | 作業日誌

ルノー・スポルト退院

8月3日(金)
2010_09030003.JPG 1週間入院していたルノーが今日退院しました。
作業内容はパワーステアリング・ホース交換とドライブシャフト・ブーツ交換です。
 
作業内容の割りに随分長く時間がかかったのは、写真のドライブシャフト・ブーツを国産の物で代用しようと探していたからです。
もっと探せばきっとピッタリ合うものがあるのでしょうが、今回は良い物が見つかりませんでした。
 
2010_09030004.JPGそこで純正ブーツをカットしてスペーサーとして使うことにしました。
 
 
 
 
 
2010_09030005.JPGそしてカットした物をドライブシャフトにはめ込みます。
 
 
 
 
 
2010_09030006.JPGその上から国産の一回り大きいブーツをかぶせて出来上がり。バッチリできました。最初からこうすればよかった・・・。
 
 パワステホースも国産のホースを溶接・ジョイントして改造、ブーツも改造です。今回は下請け仕事で、なぜこんなことをするのかと思っていたら、純正では信じられないほど部品が高いそうです。
実際に確認したわけではないのですが、面倒な加工をしても、純正交換よりはるかに安くあがるそうです。
posted by エアーズ at 22:29 | 作業日誌

ステンレス材料のカット

9月2日(木)
2010_09020001.JPG サンバー用エキマニ製作のためにステンレスのパイプやエルボをカットします。写真は使用するパーツのほんの一部に過ぎませんが、材料を切り出すだけでも大変な時間がかかるのです。
 
 
 
2010_09020002.JPGそして切り出した材料を溶接して、まずは要となる集合部を作ります。写真はまだまだ途中経過ですが、このあと42.7のパイプを溶接して差し込み部分の加工をして、ようやく集合部が完成します。
そこからいよいよレイアウトが始まリます。
 
 
 
 
posted by エアーズ at 21:56 | 作業日誌

ルノーのパワステホース

9月1日(水)
2010_09010011.JPG ルノーのパワステホースの修理です。
純正交換でもいいのですが、コストがかかるので悪い部分だけ切り取り、国産品を溶接して修理します。
 
 修理はともかくこのルノー、写真のようにリアにエンジンが所狭しと載っています。こんな非実用的なスポーツカーを作る余裕が日本にも欲しいですね。
 
 
 
posted by エアーズ at 21:55 | 作業日誌

R31スカイラインのマフラー

8月30日(月)
 R31スカイラインのマフラーの太鼓部分の改造をしました。
アフターパーツのストレートマフラーの太鼓部分を切り取って、小さなものに改造したのですが、写真を取り損ねてしまったので話が膨らみません。ごめんなさい。
 
その後タービン出口のボルトを外す作業をしたのですが、古い車なので5本のうち2本折れてしまいました。
かなり慎重にやったのですが、それでも駄目でした。折れたボルトを取り除く作業はまた後日です。
 
posted by エアーズ at 01:30 | 作業日誌

チェイサー

8月29日(日)
 週末は富士スピードウエイにレースの応援に来ていました。
2台エントリーにそのチームは、2台とも表彰台獲得でとても良いレースを見せてくれました。
 
 そのレースはお昼過ぎに終了したのですが、同じく富士スピードウエイのドリフトコースに先日ステアリングギアボックスを修理したチェイサーが走行会に来ていたお話です。
 
午前中に「インタークーラーのパイプに穴が開いた」と言う連絡。レース直前のため対応できませんでしたが、なんとか自分達で直して走行した模様。
 
レースの片付が終わったころ、今度は「エンジンオイルが漏れる」と言うので、ドリフトコースに行ってみました。
 
車両をチェックしてみると、何らかの原因でエンジンが左右に50mmミリ以上動いていて、フレームとオイルエレメントがぶつかって、エレメントからオイルが漏れていました。インタークーラーのパイプ破損もエンジンの振れが原因でした。ラジエタもトラブっていたので、応急処置をして自走でエアーズに帰還です。
 
いろいろ痛んできているので、一度しっかり直すことになりました。
 
posted by エアーズ at 23:51 | 作業日誌

ルノー

8月27日(金)
2010_08260007.JPG ルノー・スポルトって言うのかな?ミッドシップのカッコいい車が入ってきました。
2人乗りでリアガラスの部分にはエンジンが載っているので、何も積めません。なかなかいかす車で、欲しくなっちゃいます。
 
今回はドライブシャフトブーツ交換と、パワステホースの修理です。
パワステホースは純正を交換すると、部品代もさることながら手間も相当かかるのです。フロントからリアまで1本もののホースなので、かなり沢山の部品をはずさなければなりません。
 
なので途中にジョイントを作って、もれている部分は国産車の物を使って新たに作ります。
方針は決まっていますが、もっとスマートにできないかと考察中です。
 
 週末は富士スピードウエイに行くので、工場はお休みです。
 
posted by エアーズ at 23:57 | 作業日誌