Jeepのクーラー

6月17日(日)
IMG_20180617_134833[1].jpg
 いよいよ納車に向けてJeepの最終作業で、クーラーガスの注入をしました。
後付けクーラーはオペル用のエアコンを移植したものなのですが毎年ガスが不足してしまうので、夏前にガスを足して使っているのです。
今回ゲージをつないでみると例年より減りが多くて気になったのですが、怪しい部分をチェックしましたが問題なさそうなのでガス注入を始めました。
ガスが何本か入ったところで高圧側の圧が普通に上がっていってくれないのでおかしいな?っと思っていたら、なんとエアコンのコンプレッサーからガスが噴き出していました。
写真がコンプレッサーですが、写真の中央あたりの継ぎ目から噴き出していました。
異音も出ていないので意外ですが、例年以上のガス抜けはこれが原因でしょう。当然高圧がちゃんと上がらないのでコンプレッサー交換になります。
なかなかスムースに納車といかないものですね。
posted by エアーズ at 23:47 | 作業日誌