タイミングベルト交換

2月11日(土)
IMG_20170210_115028.jpg
 DUCATIのタイミングベルト交換をしました。
自動車のタイミングベルト交換と違い、作業は非常に簡単です。しかし今回は1本のボルトを外すのに苦労しました。
片側バンクのアイドラープーリーを留めているボルトが硬く締まり過ぎていて緩みません。
ボルトの頭が10mmのスパナしかかからず、スパナではとても緩みません。バイスプライヤーでくわえても全く緩まず、どうにもならなくなってしまいました。
仕方ないのでベルトサンダーでローラー部分を削って外し、ボルトをバイスプライヤーでしっかりくわえて外しました。
 
組付けはすんなり終わりました。ちなみに新しいプーリーボルトは普通のボルトに変わっていて、ボックスの工具が入るようになっていました。
わざわざ変なボルトにしないで、最初から普通のボルトにしておいてくれれば良いのにね。
 
 
posted by エアーズ at 23:08 | 作業日誌