CR-Xのエンジン

10月26日(水)
IMG_20161026_115755.jpg
 不動車で入庫中のCR−Xですが、今までは先入作業の合間に少しずつ見ていましたが、ようやく先入作業がひと段落したので集中的に作業をすることにしました。
まずは状況を確認するため、念のためにコンプレッションを測ってみました。
すると、1番と4番は5キロにも届かなく、3番は1.5キロ程度、2番に至っては全くコンプレッションがありません。
事前に入っていた情報からは程遠い状態です。
 
とりあえずヘッドを開けて確認してみると、バルブ曲がりが原因でした。じっくり確認する時間が無かったのですが、ピストン側にパッと見た感じでは大きな接触跡は見えませんでした。これだけ圧縮が低いとエンジンがかかっていたか疑問ですが、ピストンに接触跡が見えないということはバルブ曲がり後にしばらく走行をしていて、カーボンで見えなくなったのでしょうか?
明日じっくり観察してみます。
 
 
posted by エアーズ at 22:38 | 作業日誌