純正カウル

8月16日(火)
IMG_20160816_182621.jpg
 製作中のジャイロキャノピー・カスタムのエンジンカウルは塗装済みの物を用意してあったのですが、エンジンの年式に合わないので新たに用意することにしました。
 
少し前の作業日誌にも書きましたが、ジャイロキャノピー純正PP製カウルの中古は表面が劣化して硬化変色してしまっている場合が多く、今回も例外ではありません。
表面の硬化した部分を削り取り、そこから磨いていくことになります。
この作業が結構大変で、未だにもっと効果的な方法が無いのか探しているところです。
 
ジャイロキャノピー・カスタム製作は、細かいところで完成までの道が伸ばされてしまいますね。
 
 
posted by エアーズ at 22:53 | 作業日誌