ジャイロキャノピーのエンジン

4月19日(火)
IMG_20160419_111528.jpg
 昨日、お客さんのジャイロキャノピーが路上で止まってしまったということで、引き取りに行ってきました。
止まった時の症状から焼付きでは?っということだったので、コンプレッションを測ってみたら、やっぱり圧縮がありません。
シリンダーをバラしてみると、やっぱり焼付いていました。
マロッシ68ccシリンダーを組んだジャイロキャノピーなのですが、組付け後に何年も走っているので焼付きの原因が分かりません。オイルラインも損傷は無いようです。
とりあえず新品のシリンダー&ピストンを手配して、組付け前にオイルポンプの作動確認とキャブのオーバーホールが必要でしょう。
後日もっとじっくり考察します。
 
 
posted by エアーズ at 22:47 | 作業日誌