チョークレバーブレーキ

3月12日(土)
IMG_20160312_145645.jpg
 GPZ900Rのチョークレバーが手を離すと戻ってしまうと言う事で、分解して調べて見ました。
どうやらハンドルのチョークレバーに樹脂製のブレーキらしきものが付いているようですが、その樹脂製のものがボロボロになって朽ちていました。
仕方が無いのでジュラコンで作ることにしましたが、なにせ元の物が原型を留めていなかったので想像で作るしかありません。
そして作ったのが写真のものですが、写真では何だか分かりませんね。
とりあえずブレーキ機能は出て、レバーはホールドされるようになりました。少しブレーキの効きが弱い感じもしますが、少し様子を見ることにします。
 
明日はこのGPZ900Rと一緒にサーキットです!
 
 
posted by エアーズ at 21:43 | 作業日誌