次はシリンダー

3月6日(日)
IMG_20160306_155129.jpg
 ジャイロキャノピー・トライクの中国製エンジンの修理が続いています。
クランクベアリングを入れ替えて仮組みしてみると、クランク巾が若干広くて重くなるので、クランク巾を調整。
そのためにクランクの芯出しもやり直しです。
 
クランクが決着して腰下を組み立てていよいよシリンダーを組み立てていきます。
見た目にちょっと違う部分もありますがボア&ストロークが同じなのを確認して組み立てようとしたところ、またもや問題が発生です。
シリンダーを留める4本のスタッドボルトのピッチサークルが、新規のシリンダーは約2mm小さいのです。
これは致命的です。150ccをなんとか170ccのピストンを手に入れて、壊れたシリンダーをボアアップして使うしかないか・・・っと諦めて休憩です。
 
休憩中にがっかりしながらエンジンを眺めていたら、ハッ!とアイデアが沸きました。ここで説明するには細かい話なので省略しますが、簡単な加工で新しいシリンダーを上手く装着できそうです。
今日の午後はその加工に費やして、何とか上手く組上げることができました!
まだエンジンをかけるまでは安心出来ませんが、多分上手くいくでしょう。我ながら天晴れです。
 
まだまだプーリーやその他難関が待っていますが、なんだかいけそうな気がしてきました!
 
 
posted by エアーズ at 22:33 | 作業日誌