こんどはベアリング

3月5日(土)
IMG_20160305_130454.jpg
 ジャイロキャノピー・トライクの中国製エンジンをいよいよ組み立てようとしたところ、同じだと思っていたクランクベアリングが右側だけ違うことが判明しました。
写真左が元のベアリングで、右が新しいくてに入れた部品取りエンジンのベアリングです。
部品取りエンジンのクランクベアリングは左右共に同じベアリングですが、壊れたエンジンの物は片側は部品取りエンジンと同じなのですが、もう一方は内径外形共に大きなものが入っていました。
 
寸法から探し出してベアリングを手に入れようと調べましたが、都合の良いベアリングは日本の規格にはありませんでした。そもそも付いていたベアリングも日本の規格ではないようです。
 
ベアリングが手に入らないのでクランクの組替をしようかと悩みましたが、スペーサーを作って圧入して対応することにしました。
ベアリングを調べたり、クランクからのベアリングやギアを取り外したり、これだけで1日使ってしまいました。
日本製ならこんな苦労はしないのに・・・。
 
posted by エアーズ at 21:51 | 作業日誌