ブーツ破れ

2月14日(木)
DSC_0102[1].jpg 入庫中のアウトビアンキの作業が続いています。
部品がスムーズに入荷しないのでなかなか作業が進みませんが、その分細かいところまで見ていけます。
じっくり見ていると汚れているだけだと思っていたナックルの下側のブーツが、実は穴がありていることが分かりました。
ドライブシャフトブーツも同様で、通常破れてしまって駄目になるものが、ピンホールのような穴が開いてグリス漏れを起こしていました。
結果ドライブシャフトブールが2個、ナックルエンドブーツが2個交換になりました。
部品がすんなり入庫してくれることを期待します。
posted by エアーズ at 22:48 | 作業日誌

アウトビアンキ

2月12日(火)
DSC_0096[1].jpg
 入庫中のアウトビアンキ。エンジン不調は何とか解決です。
色々調べてみるとエンジン不調の原因は3番シリンダーが爆発していない事でした。
プラグは点火しているしコンプレッションもある。そしてインジェクターも正常に作動しています。
なんで?って感じでプラグを外したり付けたりしているうちに、なぜか?直ってしまいました。
どうもプラグキャップの接触不良だったようですが、イマイチすっきりしません。様子を見ようという感じです。
とりあえず次はリフトに上げてその他の作業を進めます。
posted by エアーズ at 22:15 | 作業日誌

吹き出し口切り替えリンク

2月9日(土)
DSC_0094[1].jpg
 昨日から始めたケンメリのエアコン吹き出し口切り替えリンクの修理ですが、分解してみると補強修理は無理そうでした。
薄くてスペースも狭くてリベットなどで留める余地が無いので、アルミで作り直すことにしました。
アルミ板をフライスで削って大まかな形を作ったところが左の写真です。これに旋盤で作った軸部分を溶接して完成予定です。
少し手間はかかりましたが、補強修理よりは意外に楽だったかも知れません。
posted by エアーズ at 22:46 | 作業日誌

ケンメリの作業

2月8日(金)
DSC_0080[1].jpg
 ケンメリのエアコンの配管がつながったので、今度は室内をチェックしています。
エアコンの吹き出し口のプラスチックダクトは朽ちてバリバリに割れてしまっているなどありますが、一番の問題は写真の吹き出し口切り替えのリンクです。
レバーでリンクを動かして吹き出し口を変えるようになっていますが、そのユニットの中のプラスチックリンクが割れてしまっています。
中側なのでまだ確認できていませんが、リンク自体の修理は厳しそうで、フライスで一から作り直す必要がありそうです。
旧車は次から次へと問題が出てくるものですね。
posted by エアーズ at 22:40 | 作業日誌

アウトビアンキ

2月7日(木)
DSC_0079[1].jpg
 久しぶりにアウトビアンキ Y10が入庫しました。
エンジン不調で入庫したY10。エンジンが振動するようになったとのことで1気筒点火していないのだろうと想像していました。
実際1気筒爆発していない症状に似ているのですが、どうもそうではないようです。
簡単に解決するだろうと思っていましたが、難題の予感もある入庫です。
posted by エアーズ at 23:27 | 作業日誌

アイドルアジャスター

2月6日(水)
DSC_0078[1].jpg しばらく手を付けられなかったケンメリの作業を再開しています。
途中だったエアコンの配管も繋がって、今日は朝からアイドリングを室内から調整できるケーブルを作っていました。
流用に丁度良いレース用の部品が入手困難になたのでスピードメーターケーブルを使ってみました。
なかなか良い感じで出来上がりましたが、いざ使ってみるとスピードメーターケーブルではねじりの強度が足りずにイマイチです。
1日がかりの仕事でしたが、やり直しです。まぁ、こういう作り物仕事ではよくある事です。
posted by エアーズ at 23:25 | 作業日誌

TP-02

2月4日(月)
TP-02.jpg
 作業の合間に少しずつ進めていたサンバー用等長エキマニTP−02が完成しました。
待望の在庫です。いつも在庫を一つキープしておきたいと思いながら実際はなかなか出来ていなかったのですが、ようやく実現できました。
また次の準備にかかりますが、とりあえず一安心です。
posted by エアーズ at 22:25 | 作業日誌

フォグライト

2月3日(日)
DSC_0068[1].jpg ハイエースのフォグライトに水が入ってしまうので、防水の依頼が入りました。
連日の乾燥のおかげで防水処理するには絶好のコンディションです。
フォグライトを車両から外して確認してみると、ライト自体は非分解でした。本来水が入ってはいけない部分からしみ込んでいるので、すべての継ぎ目のシリコンボンドを入れて防水します。
シリコンボンドの乾燥を待ってから車両に戻して完成です。
posted by エアーズ at 23:26 | 作業日誌