エブリィの足回り

8月29日(水)
DSC_0100[1].jpg
 事故で左フロントサスペンションを壊してしまったエブリィの修理が入りました。
左前サスペンショを一式交換するのですが多走行の現場作業車なので、中古部品で対応することになりました。
すべて交換して普通に走れるようになったので、トー調整をするために使用していた応急タイヤをリアタイヤと入れ替えてアライメントを測ろうとしたら、どうも様子が変です。ホイールが干渉しているようです。
よく見てみるとナックルのタイロッドとのジョイント部分が干渉しています。もう一度分解して調べると、同じように見えてもタイロッド部分のアーム長が違っていました。
元のナックルが何とか使えそうだったので、これだけ元車のものを使って再組立てしました。
アライメントもとって、無事に作業終了です。
posted by エアーズ at 23:02 | 作業日誌

マフラー修理

8月24日(金)
DSC_0089[1].jpg
 エブリィのマフラー修理依頼が入りました。
カタカタ音がして覗いてみると、クラックが入っていたとの報告です。
車両を引き取りに行ってみると、カタカタ音は現車確認できなかったのですが、クラックは入っていました。
写真のように、マフラーの太鼓出口の付け根に大きくクラックが入っていました。
熱を持った状態で走行振動が入ると音が出るのだろうと思われます。
出口パイプの重さしかかからない部分なので、割れた部分を溶接するだけで大丈夫でしょう。
しっかり溶接して、あっさり修理完了です。
posted by エアーズ at 22:48 | 作業日誌

ケンメリのマフラー

8月22日(水)
00010001[1].jpg
 入庫中のケンメリスカイラインを普通に乗れるようにするための作業のひとつ、マフラーの修理です。
車高短になっているうえにセンターパイプが下に飛び出してしまっています。
炙って曲げて修正するようですが、溶接も許せないくらい汚いのでカットしてやり直したいのです。ただ意外に難しい問題があって、2本出しのパイプのスパンが狭すぎて溶接する方法が悩みの種なのです。
いっそのこと、いちから作り直してしまおうか?
posted by エアーズ at 22:36 | 作業日誌

パワーウインドウ

8月21日(火)
DSC_0088[1].jpg 数日前にBMW、そして今日はアコードのパワーウインドウ修理をしました。
どちらも左後ろの窓で、閉まらなくなってしまいました。
分解してみると2台とも原因は同じで、ワイヤー式パワーウインドウのプラスチック製プーリーが割れて、ワイヤーが絡まってしまったのが原因です。
写真はアコードのもので、プーリーに起因してワイヤーのアウターが壊されていました。
どちらもモーターを取り外して窓を閉め、開かないようにボルトで固定して完了です。
後ろの窓なので、節約仕様の修理となりました。
posted by エアーズ at 22:52 | 作業日誌

キャラバンのエアコン

8月20日(月)
DSC_0092[1].jpg
 お盆前に入庫していた働く車キャラバンのエアコン修理が始まりました。
お盆明けにすぐ注文した部品が今朝入荷したので、朝から早速の作業です。
エキスパンションバルブとクーリングファンのモーター交換がメインですが、キャラバンはなぜかエキスパンションバルブだけで部品が出なくて、エバポレーターAssyの部品供給となってしまいました。
仕方ないのでエバポレーターごと交換したのですが、これがまた作業性の悪いこと!
今シーズンは何度もエアコン修理をしていますが格段に作業性が悪くて、写真のエバポレーターケースを外すのにどれだけ余計な部品を外さなくてはいけなかったか。
朝から作業で今日中に納車できるかと期待していましたが、1日がかりでやっと一連の作業を終えることができました。
posted by エアーズ at 23:18 | 作業日誌

ケンメリのエアコン

8月18日(土)
DSC_0083[1].jpg
 ケンメリ スカイラインにエアコンを付ける準備をしています。
室内のアイデアはまだ何も考えていないのですが、とりあえずコンプレッサーをエンジンに付けるためのマウントを作っています。
取り付けるエアコンは軽自動車エブリィのエアコン一式。
鉄板でベースを作って、エブリィのアルミマウントを加工して鉄板に固定。テンション調整用の金具を作って完成です。
これでマウントはできるはずですが、つけてみて配管などをまた考えることになります。
posted by エアーズ at 23:01 | 作業日誌

ケンメリ スカイライン

8月17日(金)
DSC_0080[1].jpg
 ケンメリ スカイラインの作業をしています。
大きな作業はエアコンの取付なのですが、そのほかにも細かい作業が沢山あります。
細かい作業の多くは普通に乗れるようにする作業なのですが、写真もそのうちのひとつで、遮熱板の修理です。
キャブレターの手前に映っているのが遮熱板で、キャブレターの下に付いているのを外したところです。
この遮熱板の取付ステーにクラックが入ってブラブラしたいました。形状がクラックが入って当然というものなので、どうやって直すか考えています。
こういう感じのものがあちこちにあるので、ひとつひとつ発見して直していくのが大変です。
ゆっくり眺めているのが一番良い発見方法かもしれませんね。
posted by エアーズ at 22:42 | 作業日誌

ブレーキワイヤー

8月15日(水)
DSC_0078[1].jpg
 ジャイロキャノピーのブレーキシュー交換依頼が入りました。
前後とも交換です。
まずフロントから交換を始めたのですが、交換をしてみるとまだまだシューの残量がありました。
しかし調整ネジはいっぱいまでいっていたので不思議に思い、調べてみるとブレーキワイヤーに問題がありました。
アウターワイヤーが錆て朽ちていて、隙間が開いていました。そこからスパイラル状のワイヤーが少しずつ削れていったようです。
お盆で新品部品が手に入らないので、旋盤でスペーサーを作って対応しました。
スペーサーはうまく出来上がり、無事納車することができました。
posted by エアーズ at 22:23 | 作業日誌

ジャイロキャノピー200

8月14日(火)
DSC_0074[1].jpg
 ジャイロキャノピー200のテスト走行をしています。
このジャイロキャノピー200は試作2号車で、1号車との違いは2人乗りで
で50mmのロングホイールベース、トレッドも60mmほど狭くなっています。
 1号車よりいろんな部分でよくなっていて、トレッドを狭くできたことで実用走行で車両の間を通る時のストレスが格段に向上しました。
タイヤの直径が小さくなったせいで高速巡行速度が70km/h程度に下がってしまいましたが、実用に問題が出るほどではありません。
これまで数100km走っていますが、まだ大きな問題は出ていません。
もう少しテストを重ねて、早く商品化したいと思います。
posted by エアーズ at 22:40 | 作業日誌

TP-02の修理

8月13日(月)
DSC_0073[1].jpg
 修理依頼を受けていたサンバー用エキマニTP−02の修理。
だいぶ前に入っていたのですが、ようやく集中作業ができるようになりました。
一度他社で修理した跡があり、その部分のやり直しでちょっと手間のかかる修理になるので、集中して一気に作業をします。
今日は集合部の修理で、ダメになっていた部分をカットして新たにステンレスパイプをつけなおして修理していきます。
集合部が完成すれば各気筒パイプの位置決めができるので、修理のメイン、1番パイプの修理に進めます。
posted by エアーズ at 22:18 | 作業日誌

今度はキャラバン

8月11日(土)
DSC_0071[1].jpg
 今度はキャラバンのエアコン故障です。
ガスは抜けていないようですし、コンデンサーの詰まりもありません。
ただガス圧が高くなりすぎるので、どうもエキスパンションバルブが詰まっているのではないかと疑われます。
バルブなど交換できるものを交換してしまう方針ですが、すでに世間はお盆休みで、部品は当分入荷しません。
盆明けまで待機となってしまいました。
posted by エアーズ at 22:28 | 作業日誌

エアコントラブル

8月9日(木)
DSC_0070[1].jpg
 また働く車のエアコントラブルで、アトラスダンプが入庫しました。
ガス圧は下がっているものの全く効かないという程ではなく、コンデンサーの詰まりも問題無さそうです。
ブロアモーターも回っているので、一体原因は何だろう?と悩んでいました。
そんな中、ふとエアコンからの水が出てこないことに気付きました。エバポレーターから出ている排水パイプを外してみると、ドロッと泥水が垂れてきました。
分解してみると写真の通り、エバポレーターが泥だらけになっていました。綺麗に掃除して、明日新品のOリングが入荷したら組み込んでテストです。
これが原因でエアコンが全く効かなくなるのか分かりませんが、ほかに原因らしいものがないので恐らく解決してくれるだろうと、期待しています。
それにしてもこの猛暑は、エアコントラブルを多数引き起こしてしまうものですね。
posted by エアーズ at 23:17 | 作業日誌

メッキ風塗料

8月4日(土)
DSC_0065[1].jpg
 ジャイロキャノピーのお客さんがエンジンカバーをメッキ風に塗装をしていて、まるでアルミ製品を磨いたかのように見えました。
かなり良い感じだったので、その塗料の情報をもらって仕入れてみました。
手元にあったヘルメットの後ろ側を試しに塗ってみました。
写真では分かりにくいですが、アルミ板をコンパウンドで磨いたのと全く同じに見える良い感じです。
非常に小さな瓶に入った塗料なので、来週いつも取引している塗料屋さんに相談して仕入れられないか調べてみます。
このメッキ風塗料で、何か塗ってみたくなりました。
posted by エアーズ at 22:55 | 作業日誌

エアコントラブル

8月3日(金)
DSC_0061[1].jpg
 連日続く猛暑で、エアコンのトラブルも多くなってきます。
働く車、3トンダンプがそのエアコントラブルで緊急作業依頼です。さすがにこの暑さではエアコンなしで1日外で作業に出るのは危険です。
症状は完全にエアコンが効かないわけではなく、停車中は効かないというものでした。
大方電動ファンが壊れたのだろうと思っていたら、電動ファンの無いタイプです。ガスのチェックをしても問題なしです。
一体原因は何だろうと調べていると、コンデンサのの前でどうも風が流れていないように感じます。そこでエアーでラジエターとコンデンサーを吹いてみると、相当の砂ぼこりが出てきました。砂ぼこりの多い現場作業のようで、ラジエター、コンデンサーが詰まりかけていました。さらにクーリングファンも汚れていて、効率がかなり悪くなっていたようです。
これで解決と思いきや、車内で風が出なくなったりしています。こちらはブロアモーターが止まっていました。配線なのかモーターなのか?
モーターから音も出ていたので、モーターを注文して交換することにしました。
今年の猛暑は、各地でこんな事態を沢山引き起こしているのでしょう。
posted by エアーズ at 22:51 | 作業日誌

ポルシェの作業

8月2日(木)
DSC_0059[1].jpg
 入庫中のポルシェの作業が、ようやく腰を据えてできるようになりました。
ということで色々チェックし始めています。
一番心配していたスタッドボルト折れを調べるために、コンプレッションを計測してみました。
1気筒だけほんの少し低いシリンダーはありましたが、僅かなので問題はなさそうです。
スタッドボルト折れではないとすると、それはそれで原因究明が大変で、センサー類や電装品のどれが問題なのかを特定していくのが大変です。
ひとつひとつ考えながら調べていくので、これからまだまだ長い道のりになりそうです。
posted by エアーズ at 00:04 | 作業日誌